#navi(Build)
#contents
----
Linux向けのSubversionクライアント [[ToytoiseSVN:http://sourceforge.jp/projects/toytoisesvn]](※現在は[[SubdiverSVN :http://yamadaserver.dip.jp/cgi-bin/trac/subdiversvn/]]に改称) のビルドメモ。
Linux向けのSubversionクライアント [[ToytoiseSVN:http://sf.net/projects/toytoisesvn]](※現在は[[SubdiverSVN :http://yamadaserver.dip.jp/cgi-bin/trac/subdiversvn/]]に改称) のビルドメモ。
-[[link集/バージョン管理システム]]

*Linux(CentOS 4.3)向けのビルド
-作業概略
||CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|CENTER:項目|設定/情報|入手先|導入方法|h
|OS|CentOS 4.3 i386|[[URL:http://www.centos.org]]||
|echo $LANG|ja_JP.UTF-8|||
|インストール先|/usr/local|||
|GTK+2 のバージョン|2.4.13||RPM|
|libsigc++ のバージョン|2.0.17|[[URL:ftp://ftp.ring.gr.jp/pub/X/gnome/sources/libsigc++/2.0/]]|Source Build|
|glibmm のバージョン|2.4.8|[[URL:ftp://ftp.ring.gr.jp/pub/X/gnome/sources/glibmm/2.4/]]|Source Build|
|gtkmm のバージョン|2.4.11|[[URL:ftp://ftp.ring.gr.jp/pub/X/gnome/sources/gtkmm/2.4/]]|Source Build|
|atk のバージョン|1.8.0|[[URL:ftp://ftp.ring.gr.jp/pub/X/gnome/sources/atk/1.8/]]|Source Build|
|pango のバージョン|1.6.0|[[URL:ftp://ftp.ring.gr.jp/pub/X/gnome/sources/pango/1.6/]]|Source Build|
|subversion-devel|1.2.1-0.1.2|[[URL:ftp://ftp.riken.jp/pub/Linux/dag/redhat/el4/en/i386/RPMS.dag/]]|RPM|
|ToytoiseSVN|0.0.2-8_svn-1.2.3|[[URL:http://sourceforge.jp/projects/toytoisesvn/files/]]|Source Build|

-注意事項
~ToytoiseSVN-0.0.2-8からはCentOS向けのバイナリパッケージの提供も行われるようになりました。よって単純にToytoiseSVNを利用したい場合はそちらを利用して下さい。
&br;但し、他のSVNクライアントで1.2.xを要求するものがあるので、ここでは ToytoiseSVN-0.0.2-8_svn-1.2.3 を利用する場合で解説を行います。

+ライブラリのパス情報の設定
 # cd /etc/ld.so.conf.d
 # touch usr-local-lib.conf
 # vi usr-local-lib.conf
(ファイルの内容)
 /usr/local/lib
+pkg-config用設定
~x86
 # export PKG_CONFIG_PATH=/usr/local/lib/pkgconfig:/usr/lib/pkgconfig
x86_64
 # export PKG_CONFIG_PATH=/usr/local/lib/pkgconfig:/usr/lib64/pkgconfig
&color(red){※恒久的に設定したい場合は各シェルの環境設定ファイル(~/.bashrc)に記述を追加する。};
#br
+作業場所に移動
 # cp /usr/local/src
+libsigc++ のインストール
++ソースパッケージのDownload
 # wget ftp://ftp.ring.gr.jp/pub/X/gnome/sources/libsigc++/2.0/libsigc++-2.0.17.tar.bz2
++アーカイブの解凍
 # tar --bzip2 -xf libsigc++-2.0.17.tar.bz2
 # cd libsigc++-2.0.17
++コンフィグ&コンパイル&インストール
 # ./configure && make && make install
 # cd ..
++ライブラリのパス情報の更新
 # /sbin/ldconfig
+glibmm のインストール
++ソースパッケージのDownload
 # wget ftp://ftp.ring.gr.jp/pub/X/gnome/sources/glibmm/2.4/glibmm-2.4.8.tar.bz2
++アーカイブの解凍
 # tar --bzip2 -xf glibmm-2.4.8.tar.bz2
 # cd glibmm-2.4.8
++コンフィグ&コンパイル&インストール
 # ./configure && make && make install
 # cd ..
++ライブラリのパス情報の更新
 # /sbin/ldconfig
+gtkmm のインストール
++ソースパッケージのDownload
 # wget ftp://ftp.ring.gr.jp/pub/X/gnome/sources/gtkmm/2.4/gtkmm-2.4.11.tar.bz2
++アーカイブの解凍
 # tar --bzip2 -xf gtkmm-2.4.11.tar.bz2
 # cd gtkmm-2.4.11
++コンフィグ&コンパイル&インストール
 # ./configure && make && make install
 # cd ..
++ライブラリのパス情報の更新
 # /sbin/ldconfig
+atk のインストール
~RPMパッケージには atkmm が含まれないのでソースコードからビルドする。
++導入されているRPMパッケージのバージョンを調査
 # rpm -q atk
 atk-1.8.0-2
++ソースパッケージのDownload
 # wget ftp://ftp.ring.gr.jp/pub/X/gnome/sources/atk/1.8/atk-1.8.0.tar.bz2
++アーカイブの解凍
 # tar --bzip2 -xf atk-1.8.0.tar.bz2
 # cd atk-1.8.0
++コンフィグ&コンパイル&インストール
 # ./configure && make && make install
 # cd ..
++ライブラリのパス情報の更新
 # /sbin/ldconfig
+pango のインストール
~RPMパッケージには pangomm が含まれないのでソースコードからビルドする。
++導入されているRPMパッケージのバージョンを調査
 # rpm -q pango
 pango-1.6.0-9
++ソースパッケージのDownload
 # wget ftp://ftp.ring.gr.jp/pub/X/gnome/sources/pango/1.6/pango-1.6.0.tar.bz2
++アーカイブの解凍
 # tar --bzip2 -xf pango-1.6.0.tar.bz2
 # cd pango-1.6.0
++コンフィグ&コンパイル&インストール
 # ./configure && make && make install
 # cd ..
++ライブラリのパス情報の更新
 # /sbin/ldconfig
+Subversion-devel のインストール
~OSに付属するものは Ver1.1.4 とちと古いので新し目のバージョンを入れる。
++[[Dag Wieers(理研のミラー):ftp://ftp.riken.jp/pub/Linux/dag]]の設定
~[[Setup/DagWieers#yum]]
++やっとこインストールする。
 # yum install subversion-devel
++ライブラリのパス情報の更新
 # /sbin/ldconfig
+「sudo」環境の構築
~ToytoiseSVN のインストール用スクリプトでは「sudo」を利用しているので設定を行う。
~@IT > Linux Tips Index > 特定のroot用コマンドを一般ユーザーが実行できるようにするには
&br;http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/433usesudo.html
~@IT > Linux Tips Index > root用コマンドを特定ユーザーが実行できるようにするには
&br;http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/221rootcomuse.html
~@IT > Security&Trust > 止められないUNIXサーバのセキュリティ対策
&br;http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/rensai/unix_sec05/unix_sec01.html
~セキュリティを度外視して設定するなら・・・
++「wheel」グループを有効にする
 # /usr/sbin/visudo
(修正前)
 #%wheel ALL=(ALL) ALL
(修正後)
 %wheel ALL=(ALL) ALL
++「sudo」コマンドを実行するユーザを「wheel」グループに追加する
~現在のユーザの情報を表示
 # id ユーザ名
既存の設定に「wheel」グループを追加する
 # /usr/sbin/usermod -G 既存のサブグループ,wheel ユーザ名
設定の確認
 # id ユーザ名
+ToytoiseSVN のインストール
++[[SourceForgeのプロジェクトページ:http://sourceforge.jp/projects/toytoisesvn/files/]]よりソースパッケージのDownload
~参考:[[Document/SourceForge.jp]]
 # curl -O http://prdownloads.sourceforge.jp/toytoisesvn/20125/ToytoiseSVN-0.0.2-8_svn-1.2.3_SRC.zip
++アーカイブの解凍
 # unzip ToytoiseSVN-0.0.2-8_svn-1.2.3_SRC.zip
 # cd ToytoiseSVN-0.0.2-8_svn-1.2.3_SRC
++「ALL_BUILD.sh」の実行
 # ./ALL_BUILD.sh -i
 Expand tar ball (Yes/No) [No] : yes
+++%%ビルドに失敗するのでソースコードの修正を行う。%% Subversionの各バージョン(1.1.x, 1.2.x, 1.3.x)に対応したソースコードが提供されるようになりましたので、ビルドエラーは回避出来るようになりました。(2006/05/11)
~%%&ref(ToytoiseSVN-0.0.2-7_SRC.patch.tar.bz2);%%
+++途中でsudoコマンドのパスワードを訊かれるので自ユーザのログインパスワードを入力する。
 Password:
+ToytoiseSVN の実行
 # ls /usr/local/bin/gsvn*
 gsvnblamer
 gsvncatter
 gsvncomitter
 gsvndiffrencer
 gsvnfilemover
 gsvnlistupper
 gsvnlogviwer
 gsvnmenu
 gsvnreposgetter
 gsvnreposviewer
 gsvnsimplediff
 gsvnstatusviewer
+(;゜Д゜)

#navi(Build)