#navi(Build)
#contents
----
[[poEdit:http://sf.net/projects/poedit]] のビルドメモ
-[[link集/GUI/wxWidgets]]
-[[Build/wxPropertyGrid]]

*Linux(GTK+)向けバイナリ作成

-作業概略
||CENTER:|c
|CENTER:項目|設定/情報|h
|OS|CentOS 4.2|
|echo $LANG|ja_JP.UTF-8|
|wxWidgets|GTKベースのwxGTKを使用|
|wxGTKのバージョン|2.6.2|
|poEditのバージョン|1.3.4|
|インストール先|/usr/local|

+wxWidgetsのセットアップ
~「[[Build/wxPropertyGrid]]」のUnicode版をセットアップする。
+作業場所に移動
 # cd /usr/local/src
+[[poEditプロジェクト:http://sf.net/projects/poedit]]よりパッケージのDownload
~参考:[[Document/SourceForge.net]]
 # wget http://XXXXX/poedit-1.3.4.tar.gz
+パッケージの解凍
 # tar zxf poedit-1.3.4.tar.gz
+解凍したフォルダに移動
 # cd poedit-1.3.4
+「configure」スクリプトの実行
 # ./configure
+make/make install
 # make
 # make install
+poEditの起動
 # poedit
 zsh: segmentation fault  poedit
あらら。死んだ。coreファイルを作成するように変更し再度実行。
 # ulimit -c 100000
 # poedit
 zsh: segmentation fault (core dumped)  poedit
gdbでデバッグする。
 # gdb poedit -core ./core.633
gdbでどこで落ちたか調べる。
 (gdb) where
 #0  0x0071b81e in wxMBConv::cMB2WC () from /usr/local/lib/libwx_gtk2u-2.6.so.0
 #1  0x00723b43 in wxString::wxString ()
    from /usr/local/lib/libwx_gtk2u-2.6.so.0
 #2  0x0070a612 in wxMsgCatalogFile::FillHash ()
    from /usr/local/lib/libwx_gtk2u-2.6.so.0
 #3  0x0070c4e7 in wxMsgCatalog::Load ()
    from /usr/local/lib/libwx_gtk2u-2.6.so.0
 #4  0x0070fea0 in wxLocale::AddCatalog ()
    from /usr/local/lib/libwx_gtk2u-2.6.so.0
gdbの終了。
 (gdb) quit
wxLocale => wxMsgCatalog => wxString => wxMBConv と来てワイド文字への変換でこけているので問題はロケール情報にある。
#br
+ロケールを変更してpoEditの起動
~gettextの情報がUTF-8なロケールに対応していないのでEUC-JPロケールで起動させる。
 # LANG=ja_JP.eucJP poedit
お、うまくいった。
#br
+poEdit起動スクリプト作成
 # touch /usr/local/bin/poedit.sh
 # vi /usr/local/bin/poedit.sh
ファイル内容
 #!/bin/sh
 LANG=ja_JP.eucJP /usr/local/bin/poedit
 export LANG=ja_JP.eucJP
 /usr/local/bin/poedit
+スタートメニューの起動ファイル修正
 # vi /usr/share/applnk/Development/poedit.desktop 
(修正前)
 Exec = poedit
(修正後)
 Exec = poedit.sh
+(;´Д`)

#navi(Build)