STLport のビルドメモ。

Microsoft VisualC++

VisualC++に付属するもの(特にVC++6.0)より高速に動作するので積極的に使うべし。

  • 「nmake.exe」実行環境の準備

    別ページを参照方。

  • 各VisualC++のインクルード/ライブラリ設定先

    ※インクルードの設定は一番上(VC++のものよりも上)に持ってくる必要有り。

    • VisualC++ 6.0
      [ツール(T)]
      > [オプション(O)...]
        > [ディレクトリ]タブ
          > [表示するディレクトリ]
    • VisualC++ .NET 2002/.NET 2003
      [ツール(T)]
      > [オプション(O)...]
        > 左側リストの[プロジェクト]
          > 左側リストの[VC++ディレクトリ]
            > [ディレクトリを表示するプロジェクト]

Version 4.6.x

  1. 公開元からパッケージ(STLport-4.6.2.zip)の取得

    参考:Document/SourceForge.net

  2. パッケージの解凍
    C:\Temp\STLport-4.6.2
  3. 「nmake.exe」実行環境の準備
  4. 解凍したフォルダへ移動
    C:\〜> cd \
    C:\> cd /d C:\Temp\STLport-4.6.2
  5. Makefileの有る場所へ移動
    C:\Temp\STLport-4.6.2> cd src
  6. ビルドの前準備
    1. VisualC++ 6.0でPlatformSDKを利用する場合
      1. 設定ファイルを開く
        C:\> notepad.exe C:\Temp\STLport-4.6.2\stlport\stl_user_config.h
      2. 下記の内容を修正する

        (修正前)

        //# define _STLP_NEW_PLATFORM_SDK 1
        (修正後)
        # define _STLP_NEW_PLATFORM_SDK 1
    2. MFCを使用するプログラムで利用する場合
      1. 設定ファイルを開く
        C:\> notepad.exe C:\Temp\STLport-4.6.2\stlport\stl_user_config.h
      2. 下記の内容を修正する

        (修正前)

        //# define _STLP_USE_MFC 1
        (修正後)
        # define _STLP_USE_MFC 1
    3. 必要に応じて設定
      C:\> notepad.exe C:\Temp\STLport-4.6.2\stlport\stl\_site_config.h
  7. mapファイルを出力する為のMakefileの修正
    C:\> notepad.exe C:\Temp\STLport-4.6.2\src\vc_common.mak
    (修正前)
    LDFLAGS_DEBUG=/debug
    LDFLAGS_RELEASE=/opt:ref
    (修正後)
    LDFLAGS_DEBUG=/debug /map:"$(OUTDIR)\$(DEBUG_NAME).map"
    LDFLAGS_RELEASE=/opt:ref  /map:"$(OUTDIR)\$(RELEASE_NAME).map"
  8. ビルドの実行

    VisualC++ 6.0

    C:\Temp\STLport-4.6.2\src> nmake.exe /nologo -f vc6.mak clean all

    VisualC++ .NET 2002

    C:\Temp\STLport-4.6.2\src> nmake.exe /nologo -f vc7.mak clean all

    VisualC++ .NET 2003

    C:\Temp\STLport-4.6.2\src> nmake.exe /nologo -f vc71.mak clean all
  9. 環境設定
    1. 下記のSTLportの dll ファイルをパスの通る場所に移動する
      C:\Temp\STLport-4.6.2\lib
    2. 下記のSTLportの lib ファイルをVisualC++のライブラリの参照先に追加する
      C:\Temp\STLport-4.6.2\lib
    3. 下記のSTLportの include ファイルをVisualC++のインクルードの参照先に追加する
      C:\Temp\STLport-4.6.2\stlport
  10. (;´Д`)

Version 5.0.x

  1. 公開元からパッケージ(STLport-5.0.1.tar.gz)の取得

    参考:Document/SourceForge.net

  2. パッケージの解凍
    C:\Temp\STLport
  3. 「nmake.exe」実行環境の準備
  4. 解凍したフォルダへ移動
    C:\〜> cd \
    C:\> cd /d C:\Temp\STLport
  5. Makefileの有る場所へ移動
    C:\Temp\STLport> cd build\lib
  6. 「configure.bat」の実行
    C:\Temp\STLport\build\lib> configure.bat
  7. ビルドの前準備
    1. VisualC++ 6.0でPlatformSDKを利用する場合
      1. 設定ファイルを開く
        C:\> notepad.exe C:\Temp\STLport\stlport\stl_user_config.h
      2. 下記の内容を修正する

        (修正前)

        /*
        # define _STLP_NEW_PLATFORM_SDK 1
        */
        (修正後)
        # define _STLP_NEW_PLATFORM_SDK 1
    2. MFCを使用するプログラムで利用する場合
      1. 設定ファイルを開く
        C:\> notepad.exe C:\Temp\STLport\stlport\stl_user_config.h
      2. 下記の内容を修正する

        (修正前)

        /*
        # define _STLP_USE_MFC 1
        */
        (修正後)
        # define _STLP_USE_MFC 1
    3. 必要に応じて設定
      C:\> notepad.exe STLport-4.6.2\stlport\stl\_site_config.h
  8. ビルドの実行

    VisualC++ 6.0

    C:\Temp\STLport\build\lib> nmake.exe /nologo -f nmake-vc6.mak clean
    C:\Temp\STLport\build\lib> nmake.exe /nologo -f nmake-vc6.mak install

    VisualC++ .NET 2002

    C:\Temp\STLport\build\lib> nmake.exe /nologo -f nmake-vc70.mak clean
    C:\Temp\STLport\build\lib> nmake.exe /nologo -f nmake-vc70.mak install

    VisualC++ .NET 2003

    C:\Temp\STLport\build\lib> nmake.exe /nologo -f nmake-vc71.mak clean
    C:\Temp\STLport\build\lib> nmake.exe /nologo -f nmake-vc71.mak install

    VisualC++ 2005

    C:\Temp\STLport\build\lib> nmake.exe /nologo -f nmake-vc8.mak clean
    C:\Temp\STLport\build\lib> nmake.exe /nologo -f nmake-vc8.mak install
  9. 環境設定
    1. 下記のSTLportの dll ファイルをパスの通る場所に移動する
      C:\Temp\STLport\bin
    2. 下記のSTLportの lib ファイルをVisualC++のライブラリの参照先に追加する
      C:\Temp\STLport\lib
    3. 下記のSTLportの include ファイルをVisualC++のインクルードの参照先に追加する
      C:\Temp\STLport\stlport
  10. (;´Д`)

Intel C++ Compiler with VC++

VisualC++と組み合わせる場合。

  1. 「icl.exe」実行環境の準備
  • Intel C++ Compiler 7.1
    (;´Д`)
  • Intel C++ Compiler 8.0
    %SystemRoot%\system32\cmd.exe /k "%INTEL_COMPILER80%\Ia32\Bin\ICLVars.bat"
  • Intel C++ Compiler 8.1
    (;´Д`)
  • Intel C++ Compiler 9.0
    %SystemRoot%\system32\cmd.exe /k "%ICPP_COMPILER90%\IA32\Bin\ICLVars.bat"

Version 4.6.x

  1. パッケージの解凍
    C:\Temp\STLport-4.6.2
  2. 「icl.exe」実行環境の準備

    同時に「nmake.exe」実行環境も設定される。

  3. 解凍したフォルダへ移動
    C:\〜> cd \
    C:\> cd /d C:\Temp\STLport-4.6.2
  4. Makefileの有る場所へ移動
    C:\Temp\STLport-4.6.2> cd src
  5. mapファイルを出力する為のMakefileの修正
    C:\> notepad.exe C:\Temp\STLport-4.6.2\src\vc_common.mak
    (修正前)
    LDFLAGS_DEBUG=/debug
    LDFLAGS_RELEASE=/opt:ref
    (修正後)
    LDFLAGS_DEBUG=/debug /map:"$(OUTDIR)\$(DEBUG_NAME).map"
    LDFLAGS_RELEASE=/opt:ref  /map:"$(OUTDIR)\$(RELEASE_NAME).map"
  6. ビルドの実行
    C:\Temp\STLport-4.6.2\src> nmake.exe /nologo -f intel50.mak clean all
  7. 環境設定
    1. 下記のSTLportの dll ファイルの場所を環境変数「PATH」に登録する
      C:\Temp\STLport-4.6.2\lib
    2. 下記のSTLportの lib ファイルの場所を環境変数「LIB」の先頭に登録する
      C:\Temp\STLport-4.6.2\lib
    3. 下記のSTLportの include ファイルの場所を環境変数「INCLUDE」の先頭に登録する
      C:\Temp\STLport-4.6.2\stlport
  8. (;´Д`)

Version 5.0.x

  1. パッケージの解凍
    C:\Temp\STLport
  2. 「icl.exe」実行環境の準備

    同時に「nmake.exe」実行環境も設定される。

  3. 解凍したフォルダへ移動
    C:\〜> cd \
    C:\> cd /d C:\Temp\STLport
  4. Makefileの有る場所へ移動
    C:\Temp\STLport> cd build\lib
  5. 「configure.bat」の実行
    C:\Temp\STLport\build\lib> configure.bat
  6. ビルドの実行
    C:\Temp\STLport\build\lib> nmake.exe /nologo -f nmake-icl.mak clean
    C:\Temp\STLport\build\lib> nmake.exe /nologo -f nmake-icl.mak install
  7. 環境設定
    1. 下記のSTLportの dll ファイルの場所を環境変数「PATH」に登録する
      C:\Temp\STLport\bin
    2. 下記のSTLportの lib ファイルの場所を環境変数「LIB」の先頭に登録する
      C:\Temp\STLport\lib
    3. 下記のSTLportの include ファイルの場所を環境変数「INCLUDE」の先頭に登録する
      C:\Temp\STLport\stlport
  8. (;´Д`)


ページ先頭へ   最終更新のRDF 最終更新のRSS
Last-modified: 2006-01-26 (木) 22:21:13 (4803d)
Valid XHTML 1.1 Valid CSS! [Valid RSS]