InnoTek VirtualBox OpenSourceEdition のビルドメモ

※このページは、個人の評価利用ではなく会社等でVirtualBoxを利用(したい|してみたい)人向けです。

共通

  1. IASLコマンドのセットアップ
    1. IntelのAdvanced Configuration & Power Interfaceサイトを開く
    2. ACPI CA - Unix Build Environmentのリンクを開く
    3. 「acpica-unix-20061109.tar.gz」をDownloadする
    4. ファイルの解凍
      # tar zxf acpica-unix-20061109.tar.gz
    5. IASLコマンドのコンパイル
      # cd acpica-unix-20061109
      # cd compiler
      # make -s all
    6. IASLコマンドのインストール
      # cp iasl /usr/local/bin
  2. VirtualBoxの起動スクリプト

    「/usr/local/bin/virtualbox.sh」とかで保存。

    #!/bin/sh
    VBOXOSE_PATH=/usr/local/share/VirtualBox-OSE
    #
    LOAD_MOD=`/sbin/lsmod | egrep vboxdrv`
    if [ ${#LOAD_MOD} -eq 0 ];
    then
    	echo "please execute '/sbin/modprobe vboxdrv && sleep 1 && chmod 777 /dev/vboxdrv' as root.";
    	exit;
    fi
    #
    LD_LIBRARY_PATH=${VBOXOSE_PATH} ${VBOXOSE_PATH}/VBoxSVC &
    LD_LIBRARY_PATH=${VBOXOSE_PATH} ${VBOXOSE_PATH}/VirtualBox
    #
    VBOXSVC_PID=`ps -U $USER | egrep VBoxSVC | cut -d " " -f1`
    if [ ${#VBOXSVC_PID} -gt 0 ];
    then
    	kill ${VBOXSVC_PID};
    fi

CentOS 4(i386)

  • 参考資料
InnoTek VirtualBox > Build instructions
日経ITpro > 【Linuxウォッチ】第32回 意外と使える!オープンソースになった仮想マシン・ソフトVirtualBox
  • 作業概略
    項目バージョンインストール先
    CentOS 4.6(i386)2.6.9-67.0.7.EL/usr/src/kernels/2.6.9-67.0.7.EL-i686
    VirtualBoxv1.6.2/usr/local/share/VirtualBox-OSE-1.6.2
  1. ビルド前準備
    1. as86(アセンブラ)のインストール
      # yum install -y dev86
    2. SDLの開発パッケージのインストール
      # yum install -y sdl-devel
    3. Qtの開発パッケージのインストール
      # yum install -y qt-devel
    4. kernelの開発パッケージのインストール
      # yum install -y kernel-devel
  2. VirtualBoxのソースコードのDownload
    # wget http://www.virtualbox.org/download/1.6.2/VirtualBox-1.6.2-OSE.tar.bz2
  3. ファイルの解凍
    # tar jxf VirtualBox-1.6.2_OSE.tar.bz2
  4. VirtualBoxのコンフィギュレーション
    # ./configure --build-libxml2 --build-libxslt --disable-pulse
  5. VirtualBoxのアプリ本体のコンパイル
    # source env.sh
    # kmk -s -j2
  6. VirtualBoxのインストール
    # mv out/linux.x86/release/bin /usr/local/share/VirtualBox-OSE-1.6.2
  7. VirtualBoxのkernelモジュールのコンパイル

    ※kernelを更新したらこの作業にて、モジュールを再作成する必要あり

    # cd /usr/local/share/VirtualBox-OSE-1.6.2/src
    # make -s
    # make install
  8. VirtualBoxのkernelモジュールのロード
    # /sbin/modprobe vboxdrv
    # chmod 777 /dev/vboxdrv
    確認
    # /sbin/lsmod | egrep vboxdrv
    vboxdrv           500084  0
  9. VirtualBoxの起動

    ※設定情報、仮想HDD等は「~/.VirtualBox」に作成される

    # cd /usr/local/share/VirtualBox-OSE-1.6.2
    # LD_LIBRARY_PATH=. VBoxSVC &
    # LD_LIBRARY_PATH=. VirtualBox
  10. シンボリックリンクの作成
    # cd /usr/local/share
    # ln -ins VirtualBox-OSE-1.6.2 VirtualBox-OSE

CentOS 5(x86_64)

※この手順では失敗するので真似しない事!

  • 参考資料
InnoTek VirtualBox > Build instructions
日経ITpro > 【Linuxウォッチ】第32回 意外と使える!オープンソースになった仮想マシン・ソフトVirtualBox
  • 作業概略
    項目バージョンインストール先
    CentOS 5.0(x86_64)2.6.18-8.1.8.el5xen/usr/src/kernels/2.6.18-8.1.8.el5
    VirtualBoxv1.5.0/usr/local/share/VirtualBox-OSE-1.5.0
  1. ビルド前準備
    1. as86(アセンブラ)のインストール
      # yum install -y dev86
    2. SDLの開発パッケージのインストール
      # yum install -y sdl-devel
    3. Qtの開発パッケージのインストール
      # yum install -y qt-devel
    4. kernelの開発パッケージのインストール
      # yum install -y kernel-devel
    5. Xerces-C++(XML Parser)のインストール
      1. DagWieersの設定を行う
      2. インストール
        # yum install -y xerces-c-devel
    6. Xalan-C++(XSLT stylesheet processors)のインストール
      1. SPECファイルのDownload

        filexalan-c-1.10.tbz

      2. ファイルの解凍
        # tar --bzip -xf xalan-c-1.10.tbz
      3. ファイルの移動
        # mv xalan-c.spec          /usr/src/redhat/SPEC
        # mv xml-xalan-lib64.patch /usr/src/redhat/SOURCES
      4. Xalan-C++のDownload
        # cd /usr/src/SOURCES
        # wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/xml/xalan-c/Xalan-C_1_10_0-src.tar.gz
      5. RPMパッケージの作成
        # cd /usr/src/redhat/SPEC
        # rpmbuild --ba xalan-c.spec
      6. RPMパッケージのインストール
        # cd /usr/src/redhat/RPM/`uname -i`
        # rpm -Uvh xalan-c*.rpm
  2. VirtualBoxのソースコードのDownload
    # wget http://www.virtualbox.org/download/1.5.0/VirtualBox-1.5.0_OSE.tar.bz2
  3. ファイルの解凍
    # tar jxf VirtualBox-1.5.0_OSE.tar.bz2
  4. VirtualBoxのコンフィギュレーション
    # uname -r
    2.6.18-8.1.8.el5xen
    # uname -r | cut -c 1-16
    2.6.18-8.1.8.el5
    # ./configure --with-linux=/usr/src/kernels/`uname -r | cut -c 1-16`-`uname -i`
  5. VirtualBoxのアプリ本体のコンパイル
    # source env.sh
    # kmk -s
  6. VirtualBoxのインストール
    # mv out/linux.x86/release/bin /usr/local/share/VirtualBox-OSE-1.5.0
  7. VirtualBoxのkernelモジュールのコンパイル

    ※kernelを更新したらこの作業にて、モジュールを再作成する必要あり

    # cd /usr/local/share/VirtualBox-OSE-1.5.0/src
    # make "KERN_DIR=/usr/src/kernels/`uname -r | cut -c 1-16`-`uname -i`" -s
    # make "KERN_DIR=/usr/src/kernels/`uname -r | cut -c 1-16`-`uname -i`" install
  8. VirtualBoxのkernelモジュールのロード
    # /sbin/modprobe vboxdrv
    FATAL: Error inserting vboxdrv (/lib/module/2.6.18-8.1.8.el5xen/misc/vboxdrv.ko): invalid module format

    ※現状上記のエラーの為ここまで。調査中



ページ先頭へ   最終更新のRDF 最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-07 (水) 07:44:51 (3969d)
Valid XHTML 1.1 Valid CSS! [Valid RSS]