Perlで書かれたBugzilla-jaのセットアップメモ。

※セキュリティ面とかはあまり考慮してないのでイントラネットでの利用を前提としてます

CentOS 5

  1. セットアップ概略
    項目バージョン設定/情報備考
    CentOS5.1x86_64版OS
    Bugzilla-ja3.0.3-ja.7/var/www/html/bugzilla
    Perlv5.8.8-10RPM版
    mod_perlv2.0.2-6.3RPM版
    MySQLv5.0.22-2.2RPM版Database
    Apachev2.2.3RPM版HTTP Server
  2. 前準備

    Perl/Apacheはインストール済みとする

    1. Webminのインストール

      Setup/Webmin

    2. Subversionのインストール
      # yum install -y subversion
    3. MySQLのインストール
      # yum install -y mysql-devel mysql-server
      # /etc/init.d/mysqld start
      # /sbin/chkconfig mysqld on
    4. Perlモジュールのインストール
      # perl -MCPAN -e 'install "Bundle::Bugzilla"'
  3. Bugzilla-jaのセットアップ
    1. Bugzilla-jaの取得
      # mkdir -p /tmp/bugzilla
      # cd /tmp/bugzilla
      # svn checkout http://services.mozilla.gr.jp/svn/bugzilla/3.0/tags/3.0.3-ja.7/
    2. ApacheのHTML公開フォルダにコピー
      # cp -R 3.0.3-ja.7 /var/www/html/bugzilla
    3. Subversionのデータを削除
      # cd /var/www/html/bugzilla
      # find . -name ".svn" -print
      # find . -name ".svn" -exec rm -fr {} \;
      # find . -name ".svn" -print
    4. 実行環境チェック

      localconfigファイルが生成されるまでPerlモジュールをセットアップする

      # ./checksetup.pl
    5. MySQLにbugzillaアクセス用のユーザの作成

      Webminで行う

      1. [サーバ] - [MySQL データベース サーバ]を開く
      2. グローバル オプションの[ユーザの許可]を開く
      3. 「新規ユーザを作成」リンクからユーザを作成する
         
    6. localconfigファイルの修正
      # vi localconfig
      MySQLに作成するテーブル名を設定
      $db_name = 'hoge';
      前の手順で作成したユーザ名・パスワードを指定
      $db_user = 'hoge';
      $db_pass = 'hoge';
    7. MySQLにBugzilla用のテーブル作成
      # ./checksetup.pl

      管理者のE-Mailアドレス(=管理者のユーザIDなので注意)

      Enter the e-mail address of the administrator: 
  4. Apacheの設定
    1. AllowOverrideの設定変更
      # vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
      (変更前)
      <Directory "/var/www/html">
          AllowOverride None
      </Directory>
      (変更後)
      <Directory "/var/www/html">
          AllowOverride All
      </Directory>
    2. Bugzillaの.htaccessの設定変更
      # cd /var/www/html/bugzilla
      # vi .htaccess
      (追加)
      Options -Indexes
      Options +ExecCGI
      DirectoryIndex index.cgi
      AddHandler cgi-script .pl .cgi
    3. Apacheの再起動
      # /etc/init.d/httpd restart
  5. セットアップしたBugzillaにアクセス

    Bugzillaをセットアップしたマシンからなら

    http://localhost/bugzilla/
    後は前の手順で入力したAdministratorのE-mailアドレスとパスワードでログインし利用する。
    日本語表示に切り替えるには「Localization」にアクセスして変更する。
    http://localhost/bugzilla/editparams.cgi?section=l10n
    (変更前)
    languages
      en
    defaultlanguage
      en
    (変更後)
    languages
      ja
    languages
      ja
  6. (゚Д゚) ウマ〜

    セットアップしたもののあまり使う予定無しorz



ページ先頭へ   最終更新のRDF 最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-02 (土) 18:57:52 (4063d)
Valid XHTML 1.1 Valid CSS! [Valid RSS]