統合開発環境 Eclipse のインストールメモ。

参考情報

エクリプス > 自分専用のプラグインフォルダ
2つの方法があり。

Windows

フォルダのリネームの手間を省き、複数バージョンを同居させる為以下のような構成にする。

C:\eclipse
   +v2.1
   | +eclipse
   +v3.0
   | +eclipse
   +v3.1
   | +eclipse
   +v3.2
   | +eclipse
   +v3.3
   | +eclipse
   +v3.4
     +eclipse

Linux

とりあえず、Setup/PC-XServer で設定した1つのホストPCに複数クライアントで接続して利用するようなセットアップを行う。
※x86_64環境下でAMD64版のEclipseをインストールする際には、AMD64版のJDK1.5.0をインストールする必要あり

  • /usr/local/share/eclipse_i386
    • v21
      • eclipse
    • v30
      • eclipse
    • v31
      • eclipse
    • v32
      • eclipse
    • v33
      • eclipse
    • v34
      • eclipse
  • /usr/local/share/eclipse_x86_64
    • v30
      • eclipse
    • v31
      • eclipse
    • v32
      • eclipse
    • v33
      • eclipse
    • v34
      • eclipse

SunMicrosystems JDK

別ページを参照方。

Eclipse 2.1

  1. セットアップ概略
    項目設定/情報
    OSCentOS 4.3 i386
    JDK1.4.2系
    インストール先/usr/local/share/eclipse_i386/v21
    設定情報の持ち方システム共通 *1
    設定情報の場所~/workspace/.metadata
    Pluginの持ち方システム共通
    Pluginの追加/更新rootのみ可能
    日本語表示LanguagePack
  2. 前準備
    # ls
    eclipse-SDK-2.1.3-linux-gtk.zip
    eclipse2.1.2.1-SDK-linux-gtk-LanguagePackFeature.zip
  3. フォルダ作成
    # mkdir /usr/local/share/eclipse
    # mkdir /usr/local/share/eclipse_i386/v21
  4. アーカイブの解凍
    # unzip eclipse-SDK-2.1.3-linux-gtk.zip
    # unzip eclipse2.1.2.1-SDK-linux-gtk-LanguagePackFeature.zip
  5. インストール
    # mv eclipse /usr/local/share/eclipse_i386/v21
  6. パーミッションの設定
    # chmod -R ugo-w /usr/local/share/eclipse_i386/v21/eclipse/
    # chmod -R ugo+w /usr/local/share/eclipse_i386/v21/eclipse/plugins
  7. 起動
    1. ワークスペースを自分のホームディレクトリ直下に作成させる為、ホームディレクトリに移動する。
      # cd ~
    2. Eclipseの起動(Sun)
      # /usr/local/share/eclipse_i386/v21/eclipse/eclipse -vm /usr/java/jdk1.4.2/bin/java
    3. Eclipseの起動(gcj)

      引数にSunのJavaVMを指定しないで、gcjのRunTimeでも起動可能。

      # /usr/local/share/eclipse_i386/v21/eclipse/eclipse
  8. ワークスペースは下記のパスに設定される
    ~/workspace
  9. (;´ρ`)

Eclipse 3.0

  1. セットアップ概略
    項目設定/情報
    OSCentOS 4.3 x86_64
    JDK1.4.2系
    インストール先/usr/local/share/eclipse_i386/v30
    設定情報の持ち方ユーザ別(元ネタ)
    設定情報の場所~/.eclipse/org.eclipse.platrom_3.0/configuration
    Pluginの持ち方システム共通
    Pluginの追加/更新rootのみ可能
    日本語表示LanguagePack
  2. 前準備
    # ls
    eclipse-SDK-3.0.2-linux-gtk.zip
    NLpack-eclipse-SDK-3.0.x-linux-gtk.zip
  3. フォルダ作成
    # mkdir /usr/local/share/eclipse_i386
    # mkdir /usr/local/share/eclipse_i386/v30
  4. アーカイブの解凍
    # unzip eclipse-SDK-3.0.2-linux-gtk.zip
    # unzip NLpack-eclipse-SDK-3.0.x-linux-gtk.zip
  5. インストール
    # mv eclipse /usr/local/share/eclipse_i386/v30
  6. config.ini の設定

    この設定によりユーザ毎のホームフォルダ配下に設定を保存するようになる。

    # vi /usr/local/share/eclipse_i386/v30/eclipse/configuration/config.ini
    (追加)
    osgi.configuration.area=@user.home/.eclipse/org.eclipse.platform_3.0/configuration
  7. パーミッションの設定
    # chmod -R ugo+r  /usr/local/share/eclipse_i386/v30/eclipse/configuration
    # chmod -R ugo+rw /usr/local/share/eclipse_i386/v30/eclipse/plugins
  8. 起動
    # /usr/local/share/eclipse_i386/V30/eclipse/eclipse -vm /usr/java/jdk1.4.2/bin/java
  9. 別バージョンのEclipseを同居させる場合はワークスペースは下記のようなパスに設定する。
    ~/workspaceV30
  10. (;´ρ`)

Eclipse 3.1

  1. セットアップ概略
    項目設定/情報
    OSCentOS 4.3 x86_64
    JDK1.5.0系(AMD64)
    Download先/download
    インストール先/usr/local/share/eclipse_x86_64/v31
    設定情報の持ち方ユーザ別(元ネタ)
    設定情報の場所~/.eclipse/org.eclipse.platrom_3.1/configuration
    Pluginの持ち方システム共通
    Pluginの追加/更新rootのみ可能
    日本語表示LanguagePack
  2. 前準備
    # cd /download
    # ls
    eclipse-SDK-3.1.2-linux-gtk-x86_64.tar.gz
    NLpack1_FeatureOverlay-eclipse-SDK-3.1.1.zip
    NLpack1-eclipse-SDK-3.1.1a-gtk.zip
  3. フォルダ作成
    # mkdir /usr/local/share/eclipse_x86_64
    # mkdir /usr/local/share/eclipse_x86_64/v31
  4. アーカイブの解凍&インストール
    # cd /usr/local/share/eclipse_x86_64/v31
    # tar zxf /download/eclipse-SDK-3.1.2-linux-gtk-x86_64.tar.gz
    # unzip /download/NLpack1_FeatureOverlay-eclipse-SDK-3.1.1.zip
    # unzip /download/NLpack1-eclipse-SDK-3.1.1a-gtk.zip
  5. config.ini の設定

    この設定によりユーザ毎のホームフォルダ配下に設定を保存するようになる。

    # vi /usr/local/share/eclipse_x86_64/v31/eclipse/configuration/config.ini
    (追加)
    osgi.configuration.area=@user.home/.eclipse/org.eclipse.platform_3.1/configuration
  6. パーミッションの設定
    # chmod -R ugo+r  /usr/local/share/eclipse_x86_64/v31/eclipse/configuration
    # chmod -R ugo+rw /usr/local/share/eclipse_x86_64/v31/eclipse/plugins
  7. 起動
    # /usr/local/share/eclipse_x86_64/v31/eclipse/eclipse -vm /usr/java/jdk1.5.0/bin/java
  8. 別バージョンのEclipseを同居させる場合はワークスペースは下記のようなパスに設定する。
    ~/workspaceV31
  9. (;´ρ`)

Eclipse 3.2

  1. セットアップ概略
    項目設定/情報
    OSCentOS 4.4 x86_64
    JDK1.5.0系(AMD64) ※Eclipse 3.2を実行するには1.5.0系が必須
    Download先/download
    インストール先/usr/local/share/eclipse_x86_64/v32
    設定情報の持ち方ユーザ別(元ネタ)
    設定情報の場所~/.eclipse/org.eclipse.platrom_3.2/configuration
    Pluginの持ち方システム共通
    Pluginの追加/更新rootのみ可能
    日本語表示LanguagePack, Pleiades
  2. 前準備
    1. Pleiadesのプロジェクトページ から下記ファイルをDownloadする。

      参考:Document/SourceForge.jp

      pleiades_1.1.0.zip
    2. ファイルの確認
      # cd /download
      # ls
      eclipse-SDK-3.2.2-linux-gtk-x86_64.tar.gz
      NLpack1-eclipse-SDK-3.2.1-gtk.zip
      pleiades_1.1.0.zip
  3. フォルダ作成
    # mkdir /usr/local/share/eclipse_x86_64
    # mkdir /usr/local/share/eclipse_x86_64/v32
  4. アーカイブの解凍&インストール

    Eclipse本体

    # cd /usr/local/share/eclipse_x86_64/v32
    # tar zxf /download/eclipse-SDK-3.2.2-linux-gtk-x86_64.tar.gz
    LanguagePack
    # cd /usr/local/share/eclipse_x86_64/v32
    # unzip /download/NLpack1-eclipse-SDK-3.2.1-gtk.zip
    Pleiades
    # cd /usr/local/share/eclipse_x86_64/v32
    # cd eclipse
    # unzip /download/pleiades_1.1.0.zip
  5. config.ini の設定

    この設定によりユーザ毎のホームフォルダ配下に設定を保存するようになる。

    # cd /usr/local/share/eclipse_x86_64/v32/eclipse/configuration
    # vi config.ini
    (追加)
    osgi.configuration.area=@user.home/.eclipse/org.eclipse.platform_3.2/configuration
    ※注意事項

    RC版からStableRelease版に更新する場合は、一旦下記のConfigurarionフォルダを削除する必要がありそう。

    ~/.eclipse/org.eclipse.platform_3.2/configuration
  6. パーミッションの設定
    # chmod -R ugo+r  /usr/local/share/eclipse_x86_64/v32/eclipse/configuration
    # chmod -R ugo+rw /usr/local/share/eclipse_x86_64/v32/eclipse/plugins
  7. eclipse.ini の設定
    # vi /usr/local/share/eclipse_x86_64/v32/eclipse/eclipse.ini
    1. JavaVMの設定

      ファイルの先頭に下記の2行を追加する。

      (追加)

      -vm
      /usr/java/jdk1.5.0/bin/java
    2. Pleiadesの設定

      ファイルの末尾に下記の1行を追加する。

      (追加)

      -javaagent:/usr/local/share/eclipse_x86_64/v32/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
    3. 最終的な設定内容
      # cat /usr/local/share/eclipse_x86_64/v32/eclipse/eclipse.ini
      (出力結果)
      -vm
      /usr/java/jdk1.5.0/bin/java
      -vmargs
      -Xms40m
      -Xmx256m
      -javaagent:/usr/local/share/eclipse_x86_64/v32/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
  8. 起動
    # /usr/local/share/eclipse_x86_64/v32/eclipse/eclipse
  9. 別バージョンのEclipseを同居させる場合はワークスペースは下記のようなパスに設定する。
    ~/workspaceV32
  10. デスクトップに起動アイコンの作成
    # touch ~/Desktop/eclipseV32-x86_64.desktop
    # vi ~/Desktop/eclipseV32-x86_64.desktop
    (追加)
    [Desktop Entry]
    Version=1.0
    Encoding=UTF-8
    Name=eclipseV32-x86_64
    Type=Application
    Exec=/usr/local/share/eclipse_x86_64/v32/eclipse/eclipse
    Icon=/usr/local/share/eclipse_x86_64/v32/eclipse/icon.xpm
  11. (;´ρ`)

    filePleiadesの起動ロゴ
    file動作結果

Eclipse 3.3(Europa)

  1. セットアップ概略
    項目設定/情報
    OSCentOS 5.0 x86_64
    JDK6.0系(AMD64)
    Download先/download
    インストール先/usr/local/share/eclipse_x86_64/v33
    設定情報の持ち方ユーザ別(元ネタ)
    設定情報の場所~/.eclipse/org.eclipse.platrom_3.3/configuration
    Pluginの持ち方システム共通
    Pluginの追加/更新rootのみ可能
    日本語表示Pleiades
  2. 前準備
    1. Pleiadesのプロジェクトページ から下記ファイルをDownloadする。

      参考:Document/SourceForge.jp

      pleiades_1.2.0.zip
    2. ファイルの確認
      # cd /download
      # ls
      eclipse-SDK-3.3-linux-gtk-x86_64.tar.gz
      pleiades_1.2.0.zip
  3. フォルダ作成
    # mkdir /usr/local/share/eclipse_x86_64
    # mkdir /usr/local/share/eclipse_x86_64/v33
  4. アーカイブの解凍&インストール

    Eclipse本体

    # cd /usr/local/share/eclipse_x86_64/v33
    # tar zxf /download/eclipse-SDK-3.3-linux-gtk-x86_64.tar.gz
    Pleiades
    # cd /usr/local/share/eclipse_x86_64/v33
    # cd eclipse
    # unzip /download/pleiades_1.2.0.zip
  5. config.ini の設定

    この設定によりユーザ毎のホームフォルダ配下に設定を保存するようになる。

    # cd /usr/local/share/eclipse_x86_64/v33/eclipse/configuration
    # vi config.ini
    (追加)
    osgi.configuration.area=@user.home/.eclipse/org.eclipse.platform_3.3/configuration
  6. パーミッションの設定
    # chmod -R ugo+r  /usr/local/share/eclipse_x86_64/v33/eclipse/configuration
    # chmod -R ugo+rw /usr/local/share/eclipse_x86_64/v33/eclipse/plugins
  7. eclipse.ini の設定
    # vi /usr/local/share/eclipse_x86_64/v33/eclipse/eclipse.ini
    1. JavaVMの設定

      ファイルの先頭に下記の2行を追加する。

      (追加)

      -vm
      /usr/java/latest/bin/java
    2. Pleiadesの設定

      ファイルの末尾に下記の1行を追加する。

      (追加)

      -javaagent:/usr/local/share/eclipse_x86_64/v33/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
    3. 最終的な設定内容
      # cat /usr/local/share/eclipse_x86_64/v33/eclipse/eclipse.ini
      (出力結果)
      -vm
      /usr/java/latest/bin/java
      -showsplash
      org.eclipse.platform
      -vmargs
      -Xms40m
      -Xmx256m
      -javaagent:/usr/local/share/eclipse_x86_64/v33/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
  8. 起動
    # /usr/local/share/eclipse_x86_64/v33/eclipse/eclipse
  9. 別バージョンのEclipseを同居させる場合はワークスペースは下記のようなパスに設定する。
    ~/workspaceV33
  10. デスクトップに起動アイコンの作成
    # touch ~/Desktop/eclipseV33-x86_64.desktop
    # vi ~/Desktop/eclipseV33-x86_64.desktop
    (追加)
    [Desktop Entry]
    Version=1.0
    Encoding=UTF-8
    Name=eclipseV33-x86_64
    Type=Application
    Exec=/usr/local/share/eclipse_x86_64/v33/eclipse/eclipse
    Icon=/usr/local/share/eclipse_x86_64/v33/eclipse/icon.xpm
  11. (;´ρ`)

Eclipse 3.4(Ganymede)

  1. セットアップ概略
    項目設定/情報
    OSCentOS 5.3 x86_64
    JDK6.0系(x64)
    Download先/download
    インストール先/usr/local/share/eclipse_x86_64/v34
    設定情報の持ち方ユーザ別(元ネタ)
    設定情報の場所~/.eclipse/org.eclipse.platrom_3.4/configuration
    Pluginの持ち方システム共通
    Pluginの追加/更新rootのみ可能
    日本語表示Pleiades
  2. 前準備(管理者ユーザーで作業)
    1. Eclipseのプロジェクトページ から下記ファイルをDownloadする。
      eclipse-SDK-3.4.2-linux-gtk-x86_64.tar.gz
    2. Pleiadesのプロジェクトページ から下記ファイルをDownloadする。

      参考:Document/SourceForge.jp

      pleiades_1.3.0.zip
    3. ファイルの確認
      # cd /download
      # ls
      eclipse-SDK-3.4.2-linux-gtk-x86_64.tar.gz
      pleiades_1.3.0.zip
  3. フォルダ作成(管理者ユーザーで作業)
    # mkdir /usr/local/share/eclipse_x86_64
    # mkdir /usr/local/share/eclipse_x86_64/v34
  4. アーカイブの解凍&インストール(管理者ユーザーで作業)

    Eclipse本体

    # cd /usr/local/share/eclipse_x86_64/v34
    # tar zxf /download/eclipse-SDK-3.4.2-linux-gtk-x86_64.tar.gz
    Pleiades
    # cd /usr/local/share/eclipse_x86_64/v34
    # cd eclipse
    # unzip /download/pleiades_1.3.0.zip
  5. config.ini の設定(管理者ユーザーで作業)

    この設定によりユーザ毎のホームフォルダ配下に設定を保存するようになる。

    # cd /usr/local/share/eclipse_x86_64/v34/eclipse/configuration
    # vi config.ini
    (追加)
    osgi.configuration.area=@user.home/.eclipse/org.eclipse.platform_3.4/configuration
  6. パーミッションの設定(管理者ユーザーで作業)
    # chmod -R ugo+r  /usr/local/share/eclipse_x86_64/v34/eclipse/configuration
    # chmod -R ugo+rw /usr/local/share/eclipse_x86_64/v34/eclipse/plugins
  7. eclipse.ini の設定(管理者ユーザーで作業)
    # vi /usr/local/share/eclipse_x86_64/v34/eclipse/eclipse.ini
    1. JavaVMの設定

      ファイルの先頭に下記の2行を追加する。

      (追加)

      -vm
      /usr/java/latest/bin/java
    2. Pleiadesの設定

      ファイルの末尾に下記の1行を追加する。※必ずjarファイルへのパスをフルパスで指定する事

      (追加)

      -javaagent:/usr/local/share/eclipse_x86_64/v34/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
    3. 最終的な設定内容
      # cat /usr/local/share/eclipse_x86_64/v34/eclipse/eclipse.ini
      (出力結果)
      -vm
      /usr/java/latest/bin/java
      -startup
      plugins/org.eclipse.equinox.launcher_1.0.101.R34x_v20081125.jar
      --launcher.library
      plugins/org.eclipse.equinox.launcher.gtk.linux.x86_64_1.0.101.R34x_v20080731
      -showsplash
      org.eclipse.platform
      --launcher.XXMaxPermSize
      256m
      -vmargs
      -Xms40m
      -Xmx256m
      -javaagent:/usr/local/share/eclipse_x86_64/v34/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
  8. 初回起動(一般ユーザーで作業)

    2回目以降は「-clean」オプションは不要。

    $ /usr/local/share/eclipse_x86_64/v34/eclipse/eclipse -clean
  9. 別バージョンのEclipseを同居させる場合はワークスペースは下記のようなパスに設定する。
    ~/workspaceV34
  10. デスクトップに起動アイコンの作成(一般ユーザーで作業)
    $ touch ~/Desktop/eclipseV34-x86_64.desktop
    $ vi ~/Desktop/eclipseV34-x86_64.desktop
    (追加)
    [Desktop Entry]
    Version=1.0
    Encoding=UTF-8
    Name=eclipseV34-x86_64
    Type=Application
    Exec=/usr/local/share/eclipse_x86_64/v34/eclipse/eclipse
    Icon=/usr/local/share/eclipse_x86_64/v34/eclipse/plugins/org.eclipse.platform_3.3.101.v200902111700/eclipse48.png
  11. (;´ρ`)


*1 Debian GNU/Linuxのdebパッケージではユーザ別に設定されたものがあったようだが、その設定方法はわしゃ知らん。

ページ先頭へ   最終更新のRDF 最終更新のRSS
Last-modified: 2009-05-11 (月) 00:35:51 (3604d)
Valid XHTML 1.1 Valid CSS! [Valid RSS]