PHPで書かれたBTSのMantisのセットアップメモ。

※セキュリティ面とかはあまり考慮してないのでイントラネットでの利用を前提としてます

CentOS 5

  1. セットアップ概略
    項目バージョン設定/情報備考
    CentOS5.1x86_64版OS
    Mantisv1.1.1/var/www/html/mantis
    PHPv5.1.6-15RPM版
    MySQLv5.0.22-2.2RPM版Database
    Apachev2.2.3RPM版HTTP Server
  2. 前準備

    Perl/Apacheはインストール済みとする

    1. Webminのインストール

      Setup/Webmin

    2. MySQLのインストール
      # yum install -y mysql-devel mysql-server
      # /etc/init.d/mysqld start
      # /sbin/chkconfig mysqld on
    3. PHPのMySQLモジュール他のインストール
      # yum install -y php-mysql php-mbstring
    4. Apacheの再起動
      # /etc/init.d/httpd restart
  3. Mantisのセットアップ
    1. Mantisの取得
      # /tmp
      # wget mantis-1.1.1.tar.gz
    2. ApacheのHTML公開フォルダに解凍
      # cd /var/www/html
      # tar zxf /tmp/mantis-1.1.1.tar.gz
      # mv mantis-1.1.1 mantis
    3. アクセス権の設定
      # chown -R apache:apache mantis
  4. MySQLにMantis用のユーザの作成

    Webminで行う

    1. [サーバ] - [MySQL データベース サーバ]を開く
    2. グローバル オプションの[ユーザの許可]を開く
    3. 「新規ユーザを作成」リンクからユーザを作成する
       
  5. セットアップしたMantisにアクセス

    Mantisをセットアップしたマシンからなら

    http://localhost/mantis/
    1. セットアップスクリプトでの設定

      MySQLに作成するテーブル名及び前の手順で作成したユーザ名・パスワードを指定。
      正常終了すると「config_inc.php」が生成される。

    2. 「config_inc.php」の設定変更

      日本語表示に対応する為、言語設定を追加。

      <?php
       $g_hostname = 'localhost';
       $g_db_type = 'mysql';
       $g_database_name = 'hoge';
       $g_db_username = 'hoge';
       $g_db_password = 'hoge';
      ?>
      (追加)
       $g_default_language = 'auto';
  6. セットアップしたMantisにアクセス

    ユーザ「administrator」、パスワード「root」でログイン。

  7. (゚Д゚) ウマ〜


ページ先頭へ   最終更新のRDF 最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-02 (土) 23:57:36 (4005d)
Valid XHTML 1.1 Valid CSS! [Valid RSS]