DisplayManagerの設定

  1. LightDMの設定変更

    デフォルトのDisplayManagerの確認

    $ cat /etc/X11/default-display-manager

    確認

    /usr/sbin/lightdm

    lightdm.confの編集

    $ sudo vi /etc/lightdm/lightdm.conf
    変更内容
    [SeatDefaults]
    greeter-session=unity-greeter
    user-session=ubuntu
    xserver-allow-tcp=true (追加)
    
    [XDMCPServer] (追加)
    enabled=true  (追加)
  2. 設定の反映
    $ sudo restart lightdm
  3. listen状態のチェック
    $ netstat -an | grep -e 177
    こんな感じ
    udp     0    0 0.0.0.0:177        0.0.0.0:*

FontServerの設定

  1. xfsのインストール
    $ sudo apt-get install xfs
  2. xfsの設定
    $ sudo vi /etc/X11/fs/config
    (修正前)
    no-listen = tcp
    (修正後)
    #no-listen = tcp
  3. フォント設定

    フォントの登録

  4. FontServerの再起動
    $ sudo restart xfs
  5. listen状態のチェック
    $ netstat -an | egrep 7100
    こんな感じ
    tcp     0   0 0.0.0.0:7100         0.0.0.0:*           LISTEN

その他の設定

  1. /tmpのゴミファイルの削除

    上記の設定を行い、クライアントから接続してもログイン直後に何も表示されない状態になる。syslogを見ると compiz.desktop がsegfaultしている。

    原因はこれ。 https://bugs.launchpad.net/bugs/889996

    /tmpのゴミファイルの削除

    $ sudo rm /tmp/unity_support_test.0


ページ先頭へ   最終更新のRDF 最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-09 (水) 23:38:36 (1503d)
Valid XHTML 1.1 Valid CSS! [Valid RSS]