SunMicrosystems JDK のインストールメモ。

注意事項

ファイルのDownloadの際にはライセンス条項への同意が必要
LicenseAgreement.png

Windows

単純にインストーラを実行する。

Linux

複数パージョン(1.4.2系と1.5.0系)のインストールを行う場合は、先に1.5.0系をインストールする。

Java SE Development Kit 1.4.2

  1. Download
    # wget http://XXXXXX/j2sdk-1_4_2_13-linux-i586-rpm.bin
  2. ファイルの解凍
    # sh ./j2sdk-1_4_2_13-linux-i586-rpm.bin
  3. インストールの実行
    # rpm -ivh j2sdk-1_4_2_13-linux-i586.rpm
  4. インストールの確認
    # rpm -q j2sdk
  5. 後始末
    # rm -fr ./j2sdk-1_4_2_13-linux-i586.rpm
  6. JDKをバージョンアップした際の設定変更の手間を減らす為シンボリックリンクを作成する。
    # cd /usr/java
    lnコマンド には「-n」を付けて既存のディレクトリへのSymbolicLinkが差し替わるようにする
    # ln -in -s j2sdk1.4.2_13 jdk1.4.2

Java SE Development Kit 1.5.0

※ここの説明ではx86_64環境向けにAMD64版を使用。通常はi586版を利用する。

  1. Download
    # wget http://XXXXXX/jdk-1_5_0_11-linux-amd64-rpm.bin
  2. インストールの実行
    # sh ./jdk-1_5_0_11-linux-amd64-rpm.bin
  3. インストールの確認
    # rpm -q jdk
  4. 後始末
    # rm -fr ./jdk-1_5_0_11-linux-amd64.rpm
  5. JDKをバージョンアップした際の設定変更の手間を減らす為シンボリックリンクを作成する。
    # cd /usr/java
    lnコマンド には「-n」を付けて既存のディレクトリへのSymbolicLinkが差し替わるようにする
    # ln -in -s jdk1.5.0_11 jdk1.5.0

Java SE Development Kit 6.0

※ここの説明ではx86_64環境向けにAMD64版を使用。通常はi586版を利用する。

  1. Download
    # wget http://XXXXXX/jdk-6uXX-linux-x64-rpm.bin
  2. インストールの実行
    # sh ./jdk-6uXX-linux-x64-rpm.bin


ページ先頭へ   最終更新のRDF 最終更新のRSS
Last-modified: 2007-03-27 (火) 19:27:56 (4379d)
Valid XHTML 1.1 Valid CSS! [Valid RSS]