#navi(:MyDocument/NetBrains)
#contents
#nofollow
----
#navi(:MyDocument/NetBrains)
SMB Web Clientの設定(2005/05/21追加)
-&topicpath;

*パッケージの取得
SMB Web Client
 http://smbwebclient.sourceforge.net/
Samba Client(RHNから取得)
 /package/update/20050105/samba/samba-client-3.0.9-1.3E.2.i386.rpm

*Firewallの設定
~今回は192.168.0.240(fs1.nbrains.co.jp)と接続するので、192.168.0.0/16(192.168.0〜192.168.255)からの135〜139, 445を通すようにする。

*セットアップ
+SMB Web Client本体(smbwebclientクラス。基底クラス。)のインストール
 # gunzip smbwebclient-2.9.php.gz
 # mv smbwebclient-2.9.php /usr/share/samba/smbwebclient.php
+エントランス部(インスタンス生成及び実行)のセットアップ
 # cd /usr/local/apache2/htdocs/php_check/SambaWebClient
 # touch .htaccess
 # vi .htaccess
 # .htaccessファイル(このファイル)へのアクセスを制限 
 AddHandler cgi-script htaccess
 # ディレクトリのファイル一覧表示を中止する 
 Options -Indexes
 # スタートページを「index.php」にする 
 DirectoryIndex index.php 
 # User-Agent ヘッダに MSIE という文字列が含まれていたら、
 # 環境変数 AuthDigestEnableQueryStringHack に「On」をセットする。
 BrowserMatch "MSIE" AuthDigestEnableQueryStringHack=On
 # 日本語文書文字セット(euc-jp)の指定 
 AddType "application/x-httpd-php; charset=EUC-JP" .php
 # デフォルト文字セット(euc-jp)の設定 
 AddDefaultCharset EUC-JP
 # touch index.php
 # vi index.php
 <?php
 	$SMBWEBCLIENT_CLASS = 'smbwebclient_config';
 	include('/usr/share/samba/smbwebclient.php');
 	include('/etc/samba/smbwebclient.conf');
 	$swc = new smbwebclient_config;
 	$swc->Run();
 ?>
+各自環境の設定ファイル(smbwebclient_configクラス。smbwebclientクラスから派生)のセットアップ
+GlobalIP=>LocalIPとルータを介している為かNetBIOS名での指定では上手く動作しないのでIPアドレスを指定する。
 # cd /etc/samba
 # touch smbwebclient.conf
 # vi smbwebclient.conf
 <?php
 class smbwebclient_config extends smbwebclient {
 	var $cfgSambaRoot = 'NETBRAINS/192.168.0.240';
 	var $cfgDefaultLanguage = 'ja';
 	var $cfgDefaultCharset = 'EUC-JP';
 	var $cfgDefaultServer = '192.168.0.240';
 	var $cfgSmbClient = '/usr/bin/smbclient';
 	var $cfgUserAuth = 'FormAuth';
 }
 ?>

*Sambaの設定変更
+SMB Web Clientを実行するPC(=smbclientを実行するPC)の smb.conf を編集する。
 # vi /etc/samba/smb.conf
+[global] セクションに以下の記述を追加する。
 dos charset = CP932
 unix charset = EUC-JP
 display charset = EUC-JP
+変更した smb.conf の構文チェック
 # testparm
+smbd/nmbdの再起動(Sambaを動かしている場合)
 # service smb restart

*利用方法
+通常ファイルサーバに接続する際のID/PWを入力する。
 https://www.nbrains.co.jp/php_check/SambaWebClient/
+上位フォルダへの移動等の操作はComboBoxから。ログアウトするには、右上の鍵アイコンをクリックする。

*ToDo
+処理速度の問題。
~ 但し、直に ns.nbrains.co.jp から fs1.nbrains.co.jp に smbclientコマンド を実行しても同様に遅い。
 # smbclient -L 192.168.0.240 -U 'UserID:Password'
従ってSMB Web Clientの問題ではない。
&br;smbwebclient.conf の $cfgDefaultServer(ブラウズマスタ) を通常指定するようだが、 192.168.0.200/218.44.146.114/ns.omnint.jpと設定してみても改善せず。
#br
+初期表示言語の問題。
~IEやOperaでは問題ないようだが、Mozilla/Firefoxでは初期表示言語を'ja'としているにもかかわらず'zh'となる。

#navi(:MyDocument/NetBrains)



ページ先頭へ   最終更新のRDF 最終更新のRSS
Valid XHTML 1.1 Valid CSS! [Valid RSS]