#navi(Build)
#contents
----
Almas Designer のビルドメモ
[[Almas Designer:http://sf.net/projects/almas]] のビルドメモ
-[[link集/GUI/wxWidgets]]
-[[Build/wxPropertyGrid]]

*Linux(GTK+)向けバイナリ作成
+非Unicode設定環境では「wxString::mb_str().data()」の部分でビルドエラーになるので要修正。
 # grep -e mb_str()\.data\(\) -R ./ *\.cpp

-作業概略
|CENTER:項目|CENTER:設定/情報|h
|OS|CentOS 4.2|
|echo $LANG|ja_JP.UTF-8|
|wxWidgets|GTKベースのwxGTKを使用|
|wxGTKのバージョン|CENTER:2.6.2|
|wxPropertyGridのバージョン|CENTER:1.0.6.1 ((HPには1.1.0が必要とある・・・))|
|Almas Designerのバージョン|CENTER:0.9|
|インストール先|/usr/local|

+作業場所に移動
 # cd /usr/local/src
+[[Almas Designerプロジェクト:http://sf.net/projects/almas]]よりパッケージのDownload
~参考:[[Document/SourceForge.net]]
 # wget http://XXXXX/almas-0.9.tar.bz2
+パッケージの解凍
 # tar --bzip2 -xf almas-0.9.tar.bz2
+解凍したフォルダに移動
 # cd almas-0.9
+wxWidgetsが非Unicodeの設定環境の場合の前準備
++「wxString::mb_str().data()」の部分でビルドエラーになるのでビルド出来ない。必ずwxWidgetsはUnicode版を使用する事。
 # grep -e mb_str\(\)\.data\(\) -R ./ *\.cpp
++「configure」「configure.in」ファイルの修正。
 # vi configure
 # vi configure.in
(修正前)
 WX_CPPFLAGS="`$WXCONFIG --cppflags`"
 WX_CXXFLAGS="`$WXCONFIG --cxxflags | sed -e 's/-fno-exceptions//'`"
 WX_LIBS="`$WXCONFIG --libs`"
(修正後)
 WX_CPPFLAGS="`$WXCONFIG --unicode=yes --cppflags`"
 WX_CXXFLAGS="`$WXCONFIG --unicode=yes --cxxflags | sed -e 's/-fno-exceptions//'`"
 WX_LIBS="`$WXCONFIG --unicode=yes --libs`"
+「configure」スクリプトの実行
 # ./configure
+make/make install
 # make
 # make install
+Almas Designerの起動
 # almas
+GNOME, KDE環境において共に起動できずcore吐いておっ死んだ・・・。
+(;´Д`)

#navi(Build)


ページ先頭へ   最終更新のRDF 最終更新のRSS
Valid XHTML 1.1 Valid CSS! [Valid RSS]