#contents
----
[[wxWidgets:http://www.wxWidgets.org]] のビルドメモ
-[[link集/GUI/wxWidgets]]
-[[Build/wxPropertyGrid]]

*Linux(GTK+)向けバイナリ作成
&color(red){※Unicode/非Unicodeを同居させ、通常はUnicodeを利用する手順};

+作業フォルダに移動
 # cd /usr/local/src
+パッケージのDownload
 # wget http://XXXXXX/wxGTK-2.6.2.tar.bz2
+パッケージの解凍
 # tar --bzip2 -xf wxGTK-2.6.2.tar.bz2
+解凍したフォルダに移動
 # cd wxGTK-2.6.2
+configureスクリプトのオプション確認
 # ./configure --help
+configureスクリプトの実行(Unicode無し)
~(有効:GTK2, STL, OpenGL, SDL, etc.../無効:Unicode)
 # ./configure \
   --with-gtk \
   --with-opengl \
   --with-sdl \
   --enable-stl \
   --enable-std_iostreams \
   --enable-std_string \
   --enable-controls \
   --enable-tabdialog \
   --disable-unicode
+ビルド&インストール
 # make
 # make install
+不要ファイルの削除
 # make distclean
+configureスクリプトの実行(Unicode有り)
~(有効:GTK2, STL, OpenGL, SDL, Unicode, etc...)
 # ./configure \
   --with-gtk \
   --with-opengl \
   --with-sdl \
   --enable-stl \
   --enable-std_iostreams \
   --enable-std_string \
   --enable-controls \
   --enable-tabdialog \
   --enable-unicode
+ビルド&インストール
 # make
 # make install
+不要ファイルの削除
 # make distclean
+aclocalコマンド向けの設定
 # cd /usr/share/aclocal
 # ln -s /usr/local/share/aclocal/wxwin.m4 ./
+利用方法
~Makefileの記述に「wx-config」コマンドの呼び出しを追記する。「`」は [Shift]+[@] で入力する。
&br;本手順を応用すれば、debug/static-linkの有り無しも同居出来そう。
~通常(Unicode=Yes)
 CFLAGS  = `wx-config --cxxflags` ・・・
 LDFLAGS = `wx-config --libs` ・・・
Unicode版の利用を明記
 CFLAGS  = `wx-config --unicode=yes --cxxflags` ・・・
 LDFLAGS = `wx-config --unicode=yes --libs` ・・・
非Unicode版の利用を明記
 CFLAGS  = `wx-config --unicode=no --cxxflags` ・・・
 LDFLAGS = `wx-config --unicode=no --libs` ・・・
但し、Unicode/非Unicodeでコンパイル時のオプションを変えているような場合は、下記のように「wx-config」自体を切り替える
~Unicode版に切替
 # ln -fs /usr/local/lib/wx/config/gtk2-unicode-release-2.6 \
   /usr/local/bin/wx-config
非Unicode版に切替
 # ln -fs /usr/local/lib/wx/config/gtk2-ansi-release-2.6 \
   /usr/local/bin/wx-config

*Cygwin向けバイナリ作成
&color(red){※NativeなCygwin向けのバイナリ作成};

+作業フォルダの作成
 # mkdir /usr/local/src
+作業フォルダに移動
 # cd /usr/local/src
+パッケージのDownload
 # wget http://XXXXXX/wxGTK-2.6.2.tar.bz2
+パッケージの解凍
 # tar --bzip2 -xf wxGTK-2.6.2.tar.bz2
+解凍したフォルダに移動
 # cd wxGTK-2.6.2
+configureスクリプトのオプション確認
 # ./configure --help
+configureスクリプトの実行 (有効:GTK, STL, OpenGL, SDL, etc.../無効:プリコンパイル済みヘッダ, DSO)
~「--disable-shared」を外せばWindows向けになったと思う。
 # ./configure \
   --with-gtk \
   --disable-gtk2 \
   --with-opengl \
   --enable-stl \
   --enable-std_iostreams \
   --enable-std_string \
   --enable-controls \
   --enable-tabdialog \
   --disable-precomp-headers \
   --disable-shared
+ビルド&インストール
 # make
 # make install
+不要ファイルの削除
 # make distclean
+利用方法
~Makefileの記述に「wx-config」コマンドの呼び出しを追記する。「`」は [Shift]+[@] で入力する。
 CFLAGS   `wx-config --cflags` ・・・
 CXXFLAGS `wx-config --cxxflags` ・・・
 LDFLAGS  `wx-config --libs` ・・・


ページ先頭へ   最終更新のRDF 最終更新のRSS
Valid XHTML 1.1 Valid CSS! [Valid RSS]