#contents
*[[Microsoft© VirtualPC 2004:http://www.microsoft.com/japan/windows/virtualpc/]]
#amazon(B0002232WY,left,image)

:[[VirtualPC 2004 with ServicePack 1 - 日本語:http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=6d58729d-dfa8-40bf-afaf-20bcb7f01cd1&DisplayLang=ja]]|2006年7月12日頃に無償公開されました。
:[[VirtualPC 2004 ServicePack 1:http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=b07c9ef0-265a-4237-ae3b-25bc8937d40f&DisplayLang=ja]]|なるべく最新にしましょう。VirtualPC上でWinXPSP2を動かすにはSP1適用が必要です。
:[[Readme for VirtualPC 2004 ServicePack 1:http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=ef9d823f-3aae-40da-b4e9-dabe2a6b5bf9&DisplayLang=ja]]|ServicePack1に関する説明。
#amazon(,clear)

**Tool
:[[eueeのおうち > あぶないツールのおへや:http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/2994/]]|各仮想PCイメージの変換ツール等の公開。
:[[@IT > Windows TIPS > フロッピー・ディスクの内容を仮想FDファイルに保存する:http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/598vfd/vfd.html]]|Virtual PC 2004やVirtual Server 2005では、物理的なフロッピー・ディスクだけでなく、仮想的なFDファイルも利用することができる。

**参考情報
:[[@IT : 製品レビュー : デスクトップOSのマイグレーションを支援するVirtual PC 2004:http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/productreview/vpc2004/vpc2004_01.html]]|仮想PC構築ソフトで過去のソフトウェア資産をそのまま活用
:[[HDP Tools - VirtualPC 2004 vs. VMWare 4: Part II:http://usuarios.lycos.es/hernandp/articles/vpcvsII.html]]|海外サイト。
:[[What Works and What Doesn't in Microsoft Virtual PC 2004:http://vpc.visualwin.com]]|海外サイト。各種OSの動作確認リスト。やっぱり世の中には強者がいます。FedoraCore2/3を動作させる為のパッチもDownload出来る。
:[[STACK* 【連載 】1台のPCでLinuxとWindowsを共存するには? 第2回:VirtualPC編:http://www.stackasterisk.jp/tech/systemConstruction/dual02_01.jsp]]|FedraCore2のインストール方法等。パッチのインストール実行部分の説明が抜けている気がする。
:[[Virtual PC Guy's WebLog:http://blogs.msdn.com/virtual_pc_guy/]]|海外サイト。VirtualPCで色々動作させています。
:[[Microsoft ダウンロードセンター > Virtual Server 2005でのドメイン コントローラの実行:http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=82976e6f-a432-47bd-b19d-2b85099c9953&DisplayLang=ja]]|バーチャル マシン上でドメイン コントローラを実行するのはテストおよび評価環境に最適ですが、本ドキュメントに記述されている要件を順守すれば、本番環境でバーチャルマシン ドメインコントローラを使用することも可能です。
:[[Microsoftサポートオンライン > Intel Pentium 4 プロセッサを複数搭載する Windows 2000 ベースのコンピュータで、メモリのパフォーマンスが低下することがある:http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;816488]]|この問題は、マルチ プロセッサ ホストで実行するシングル プロセッサ仮想マシンでは、より頻繁に発生することがあります。仮想マシンは、マルチ プロセッサ ホストで起動するときにシングル プロセッサを検出するために、ゼロ化ループを誤って選択することがあります。
:[[ITmedia +D Games > 勝手に連載!レトロ「PC」ゲームが好きじゃー:http://plusd.itmedia.co.jp/games/pc-game/]]|まずはVirtual PC 2004でDOSゲームを復活させる
&br;初代「Harpoon」のヒゲ親父にキュン
&br;Virtual PCでメモリを「ガバッ」と確保して「Harpoon II」を動かす
&br;Virtual PCで空母戦ウォーゲーム「CARRIER STRIKE」を復活させる
:[[FREE WINGの電子工作,FPGA,Windowsチューン > Virtual PC 2004で複数のバージョンの開発環境を構築する:http://www.neko.ne.jp/~freewing/software/vpc_2004/]]|ここでは VPC2K4で作った仮想PCに FPGAの開発環境をインストールして動作の確認を行ないます。

**関連書籍
-書籍
:&amazon(477412270X,title);|

-雑誌
:[[日経BYTE 2004/07号:http://store.nikkeibp.co.jp/mokuji/nby254.html]]|BYTE LAB Virtual PC 2004はどのように動いているのか
:&amazon(B00078SD6S,title);|嗚呼!! すばらしきかな Virtual PC2004の世界
:[[日経Linux 2005/05号:http://itpro.nikkeibp.co.jp/linux/backnum/]]|LinuxもWindowsも使いたいエミュレータってどうよ

**動作確認OS
各OSに関する説明は [[link集/OS系]] を参照方。

CENTER:OriginalVersion with ServicePack1
|CENTER:''管理&br;番号''|CENTER:''GuestOS''|CENTER:''メモリ&br;割当&br;(MB)''|CENTER:''利&br;用&br;状&br;況''|CENTER:''Host&br;PC''|CENTER:''日付''|CENTER:''備考''|h
|SP1-1|FedoraCore3|512|×&br;&heart;|HW004|2004/11/13&br;2004/12/05|[[ここの手順:http://vpc.visualwin.com/Notes/FedoraCore.3.Final.html]]の通りに行いインストールは完了。&br;Xの設定は &ref(Microsoft VirtualPC 2004/xorg.conf.tar.gz,/etc/X11/xorg.conf); を参照方。|
|SP1-2|Turbolinux 10 Server 先行評価版&br;(Celica) 日経Linux 2004/11号|512|&heart;|HW004|2004/11/14|TextInstall X起動OK|
|SP1-3|SystemRescueCd x86-0.2.15|512|&heart;|HW003|2004/11/15|起動OK|
|SP1-4|VineLinux 3.1|512|&heart;|HW004|2004/11/28|TextInstall X起動OK|
|SP1-5|RedHat EnterpriseLinux WS 3&br;Update4|512|&heart;|HW004|2004/12/21|TextInstall X起動OK|
|SP1-6|DragonFly BSD(20041222-stable)|512|&heart;|HW004|2005/01/23|起動OK|
|SP1-7|RedHat EnterpriseLinux WS 4|512|&heart;|HW004|2005/02/16|TextInstall X起動OK&br;色の深さは「数千の色」にしないと画面が化ける|
|SP1-8|CentOS 3.4&br;Single CD Server Version|512|&heart;|HW004|2005/02/25|TextInstall。サーバ用途向けなのでXはない。|
|SP1-9|TaoLinux 1.0|512|&heart;|HW004|2005/03/05|TextInstall。Xの設定は16bitカラーでX起動OK。|
|SP1-10|CentOS 4.0|512|&heart;|HW004|2005/03/09|TextInstall。&br;Xの設定は1024x768@16bitカラーでX起動OK。|
|SP1-11|NetBSD 2.0|512|&heart;|HW004|2005/03/12|起動OK|
|SP1-12|CentOS 3.5|512|&heart;|HW004|2005/06/17|TextInstall。Xの設定は16bitカラーでX起動OK。|
|SP1-13|FedoraCore4|512|&heart;|HW004|2005/06/17|TextInstall。Xの設定は16bitカラーでX起動OK。|
|SP1-14|ubuntu-ja-5.04|512|&heart;|HW005|2005/06/25|下記の設定変更でX起動OK&br;1. GRUBからrecovery modeで起動&br;2. Xの設定ファイル(/etc/X11/xorg.conf)をvi&br;で編集し"Screen"セクションの「DefaultDepth」&br;値を「24」→「16」に変更|
|SP1-15|CentOS 4.1|512|&heart;|HW004|2005/07/27|TextInstall。&br;Xの設定は1024x768@16bitカラーでX起動OK。|
|SP1-16|SUSE Linux 10.0 OSS|512|&heart;|HW004|2005/11/20|インストール完了までに2時間を要した。&br;インストーラの初期値でX起動OK。|
|SP1-17|Scientific Linux 4.2|512|×|HW004|2006/01/02|インストールは滞りなく完了。起動時にVirtualPCのエラーが発生しOSの起動不可。|
|SP1-18|FedoraCore5|512|&heart;|HW004|2006/03/22|TextInstall。特に設定しなくてもX起動OK。|

#hr
CENTER:OriginalVersion
|CENTER:''管&br;理&br;番&br;号''|CENTER:''GuestOS''|CENTER:''利&br;用&br;状&br;況''|CENTER:''Host&br;PC''|CENTER:''日付''|CENTER:''備考''|h
|1|Windows 98 SecondEditon|&heart;|HW001|2004/05/15||
|2|Windows XP TabletPC Edition SP1|&heart;|HW002|2004/05/18||
|3|Windows XP MediaCenter Edition|&heart;|HW002|2004/05/18||
|4|RedHat EnterpriseLinux WS 3 Update2|&heart;|HW003|2004/06/13|TextInstall X起動OK|
|5|RedHat EnterpriseLinux WS 3 Update1|&heart;|HW003|2004/06/13|TextInstall X起動OK|
|6|VineLinux 2.6r4|&heart;|HW003|2004/06/13|TextInstall X起動OK|
|7|KNOPPIX 3.4 日本語版 [1CDLinux]|&heart;|HW003|2004/06/11|CDBootのみ X起動OK 起動にかなり時間が掛かる。|
|8|MiracleLinux V3.0|×&br;×&br;×|HW003|2004/06/13|Installer起動直後のHDDマウント時に固まる。&br;仮想HDDを固定サイズにしてもNG|
|9|FedoraCore2|×|HW003|2004/06/13|インストールは完了。以下のメッセージが出て正常起動せず。&br;isapnp: checksum for device 1 is not valid (0x89)&br;isapnp: checksum for device 2 is not valid (0xbe)&br;agpgart: Unsupported Intel chipset (device id: 7192)|
|10|超漢字4(体験版)|&heart;|HW003|2004/06/16|CDBootのみ|
|11|RedHatLinux 9|&heart;|HW003|2004/06/16|TextInstall X起動OK|
|12|SUSE Linux 9.0 LiveEval [1CDLinux]|&heart;|HW003|2004/06/20|CDBootのみ X起動OK|
|13|DebianLinux 3.0(woody)|&heart;|HW003|2004/06/20|設定がうまく出来ずX起動せず。後日再設定予定。|
|14|TurboLinux 8 Server(プロモーション版)|×|HW003|2004/06/20|TextInstallは完了。再起動後サービス起動中に固まる。|
|15|TurboLinux 10 Desktop(トライアル版)|&heart;|HW003|2004/06/22|TextInstallはNG。GraphicalInstall X起動OK|
|16|RedHat EnterpriseLinux WS 2.1 Update4|&heart;|HW003|2004/06/24|TextInstall X起動OK|
|17|Xandros Desktop OS 2.0&br;(Open Circulation Editon)|&heart;|HW003|2004/06/26|GraphicalInstall X起動OK|
|18|FedoraCore1|&heart;|HW003|2004/06/26|TextInstall X起動OK|
|19|NetBSD 1.6.2|&heart;|HW001|2004/06/26|Install及びX起動OK|
|20|FreeBSD 5.2.1|&heart;|HW001|2004/06/26|Install及びX起動OK|
|21|OpenBSD 3.5|&heart;|HW001|2004/06/27|Install及びX起動OK|
|22|Darwin 7.0.1|×|HW001|2004/06/27|Installは完了。NIC周りでエラーが出るが何とか起動。&br;X起動NG|
|23|BeOS 5 PE Max Edition V3.1 beta 1&br;(Zeus)|×|HW003|2004/06/27|CDBootは正常起動。&br;Installの場合は、途中で止まったような状態になる。|
|24|MiracleLinux StandardEdition V2.1&br;(評価版)|&heart;|HW003|2004/06/27|TextInstall X起動OK|
|25|Nature's Linux Development kit PR2.1|&heart;|HW003|2004/06/27|Install時にIDE/SCSI/VMWare/VirtualPCの選択があり、&br;VirtualPCを選択してのInstall及び起動OK。Xは無し?|
|26|LindowsCD Smile(評価版) [1CDLinux]|×&br;×&br;×|HW003|2004/06/27|起動するのに30分掛かり、Xが起動したかと思ったら勝手に&br;Shutdownしてしまう。|
|27|BerryLinux 0.44/0.46 [1CDLinux]&br;(Based on FedoraCore2, Knoppix 3.4)|&heart;|HW003|2004/06/27|CDBootのみ X起動OK SoundはNG&br;起動が他に比べて格段に速くて良いがアプリは重い。|
|28|TurboLinux 8 Workstation&br;(プロモーション版)|&heart;|HW003|2004/06/28|TextInstall X起動OK&br;WSはいけるのに何故かServerはNG・・・|
|29|Slackware 10.0|&heart;|HW003|2004/06/28|Install及びX起動OK|
|30|MandrakeLinux 10.0|&heart;|HW003|2004/06/29|InstallOK。Xは設定ミスしました。|
|31|PlamoLinux 4.0|&heart;|HW003|2004/06/29|Install及びX起動OK|
|32|GentooLinux 2004.1 [1CDLinux]|&heart;|HW003|2004/06/30|CDBootのみ。Installはまた後日。|
|33|Gnoppix 0.6.0 beta2 JA test5&br;[1CDLinux]|&heart;|HW003|2004/06/30|CDBootのみ。 X起動OK|
|34|Solaris9|△|HW003|2004/06/30|Installの途中でCDの認識がうまくいかなくなり確認不可。&br;どうやら原因はメモリを512MBにしていたからのようだ。|
|35|SUSE Linux 9.1 Personal|&heart;|HW003|2004/06/30|Install及びX起動OK。|
|36|ReactOS 0.2.3|&heart;|HW003|2004/07/04|Install及び起動OK。|
|37|巫女 GNYO/Linux 1.6 [1CDLinux]|&heart;|HW003|2004/07/04|CDBootOK。|
|38|FreeSBIE 1.0 [1CDFreeBSD]|&heart;|HW003|2004/07/04|CDBoot及びX起動OK。|
|39|RedHat EnterpriseLinux WS 3 Update3|&heart;|HW004|2004/09/04|TextInstall X起動OK|
|40|WhiteBox Enterprise Linux Respin 1|&heart;|HW004|2004/09/19|TextInstall X起動OK|
|41|KNOPPIX 3.6 日本語版 [1CDLinux]|&heart;|HW003|2004/09/19|CDBootでX起動OK。色数によっては表示が化ける?|

&br;
**HostPCのSoftware/Hardware構成
|CENTER:''管理&br;番号''|CENTER:''機種''|CENTER:''OS''|CENTER:''CPU''|CENTER:''メモリ''|CENTER:''HDD&br;(GB)''|CENTER:''LAN&br;(bps)''|CENTER:''体感&br;速度''|h
|HW001|SHARP&br;PC-GP1-C7U|Windows XP HomeEdition&br;ServicePack1|Mobile Athlon4 1.2GHz|512MB|40|100M|orz|
|HW002|自作機|Windows Server 2003&br;StandardEdition|PentiumIII 800MHz x 2|1.5GB|30|100M|orz|
|HW003|自作機|Windows 2000 Server&br;ServicePack4|Pentium4 3.06GHz&br;(HT:ON)|1.0GB|160|1G|(´・ω・`)|
|HW004|自作機|Windows 2000 Server&br;ServicePack4|Xeon 3.06GHz L3:1MB x 2&br;(HT:ON)|2.0GB|120&br;RAID-0|1G|(^o^)/|
|HW005|自作機|Windows XP MediaCenter Editoin&br;2005 ServicePack2|Celeron 2.2GHz|1.0GB|30|100M|(´・ω・`)|

&br;
**運用Tips
-Host⇔Guest の切り替えは標準では、右ALT + Enterキー。
-「復元ディスク」機能を使用すると不意のOSクラッシュを復元可能。
-当然の事ながら、実CD/DVDドライブからの読み込みよりも、ISOファイルからの読み込みの方が早い。
-ISO形式のイメージしか利用出来ないので、cdi/nrg/ccd形式の場合は別途 [[DAEMON Tools:http://www.daemon-tools.cc/]] 等を利用する。
-FDイメージで利用可能なのは、720KB/1.44MBのみ。2.88MBイメージは利用不可。
-ISOイメージにおいて、BootableCDの形式が2.88MBイメージのものは利用不可。
-グラフィカルログインしてしまうディストリビューションは、セットアップ時にFirewall/SELinuxを無効にしておき、IPを調べてHOST PCからSSH経由でXの設定を変更して対応する。
&br;[[@IT > テキストログインとグラフィカルログインを切り替えるには:http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/009textngraphlogin.html]] - グラフィカルログインを無効にする方法
-%%マウント可能なISOイメージは、ファイルサイズが 2GB 以下のものに限られる(かも知れない)。1.73GBは OK で、3.52GBは NG だった。%%
-マウント可能なISOイメージは、ファイルサイズに制限がある(かも知れない)。1.73GB, 2.06GBは OK で、3.52GBは NG だった。
&br;&ref(ISOimage.png,nolink);
-マウント可能なISOイメージの上限は2.2GBとなっている模様。
&br;[[社本@ワック Blog > Virtual PCがマウントできるISOイメージは最大2.2GB:http://www.ailight.jp/blog/sha256/archive/2006/01/16/10797.aspx]]
-仮想HDDの圧縮
&br;[[@IT > 仮想ハードディスクを圧縮する(Virtual PC 2004編):http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/745vhdcomppc/vhdcomppc.html]]

**問題点等
-[[WinSCP:http://winscp.sourceforge.net/eng/]] で Host→Guest 間の通信がうまく行かない。[[Samba:http://www.samba.gr.jp/]] の使用で回避は可能。(管理番号:5)
-telnet しているとたまに固まる。(管理番号:5)
-X Windowの設定は、色数:16Bit/解像度:800x600に設定。モニターは適当な物を指定(Generic〜等)。

*Microsoft VirtualServer
:[[Microsoft VirtualServer 2005:http://www.microsoft.com/japan/windowsserversystem/virtualserver/default.mspx]] <無償>|Virtual Server 2005 は、Windows Server 2003 専用にデザインされた費用対効果の高いバーチャル マシンソリューションとして、ソフトウェアのテストと開発、サーバー統合シナリオ、およびアプリケーションのリホスティングでの運用効率を高めることを目的としています。
&br;[[Downloadページ:http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=6DBA2278-B022-4F56-AF96-7B95975DB13B&displaylang=ja]](  [[x86版:http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=64010]], [[x86_64版:http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=64011]] )
:[[Microsoft Virtual Server 2005 R2 Management Pack:http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=bf21f798-9b10-40dc-bcdd-4a8358cce94d&DisplayLang=en]]|The Microsoft Virtual Server 2005 R2 Management Pack enables you to monitor physical computers running the Virtual Server service and the virtual machines that the service hosts. The Virtual Server R2 Management Pack can be used with computers running either Virtual Server 2005 or Virtual Server 2005 R2.
:[[Virtual Hard Disk Image Format Specification:http://www.microsoft.com/windowsserversystem/virtualserver/techinfo/vhdspec.mspx]]|This specification describes the Microsoft Virtual Hard Disk format, currently used by Microsoft Virtual PC 2004 and Microsoft Virtual Server 2005, including details of how to read and modify the contained data.

&br;
#br
----
#pcomment


ページ先頭へ   最終更新のRDF 最終更新のRSS
Valid XHTML 1.1 Valid CSS! [Valid RSS]