#contents
----
がらくた置き場。

*備忘録 [#Memorandum]

**&color(orange){''UNIXネタ''}; [#Memorandum_UNIX]
:コンソール出力のログ保存([[teeコマンド版:http://www.linux.or.jp/JM/html/GNU_sh-utils/man1/tee.1.html]])|makeを実行した場合のログをmake.logに保存。
~画面に出さないでファイルに保存する場合
 # make install >& make.log
画面に出さないで標準出力と標準エラーを別ファイルに保存する場合
 # make install 1> stdout.log 2> stderr.log
画面に出しつつファイルにも保存する場合(csh, zsh系)
 # make install |& tee make.log
画面に出しつつファイルにも保存する場合(bash系)
 # make 2>&1 | tee make.log
「hogehoge | & tee hogehoge.log」というパターンは色々応用が利きそうだ。
 # dbx hogehoge core | & tee dbx.log

:コンソール出力のログ保存([[scriptコマンド版:http://www.linux.or.jp/JM/html/util-linux/man1/script.1.html]])|makeを実行した場合のログをmake.logに保存。
~ログ取り開始
 # /usr/bin/script -f make.log
ログ対象コマンド実行
 # make install
ログ取り終了
 # exit

:Proxyの設定|Proxy環境下でwget/yum等を利用する際に設定が必要。
~bash系
 export https_proxy=http://proxy_url.com:port/
 export HTTPS_PROXY=${https_proxy}
 export http_proxy=${https_proxy}
 export HTTP_PROXY=${https_proxy}
 export ftp_proxy=${https_proxy}
 export FTP_PROXY=${https_proxy}
 export no_proxy=.domain.com
csh系
 setenv http_proxy http://proxy_url.net:port/
 setenv HTTP_PROXY http://proxy_url.net:port/
 setenv http_proxy http://proxy_url.net:port/
 setenv HTTP_PROXY http://proxy_url.net:port/
 setenv ftp_proxy http://proxy_url.biz:port/
 setenv FTP_PROXY http://proxy_url.biz:port/
 setenv no_proxy .domain.com

:DSO(*.so)モジュールの検索パス|環境変数「LD_LIBRARY_PATH」で設定する。Linuxの場合は、ldconfigコマンド関連でも設定可能。

-コマンド
:grepコマンド|再帰的に検索
 # grep -e "hoge" --color -InR *

:[[findコマンド:http://www.linux.or.jp/JM/html/GNU_findutils/man1/find.1.html]]|「hoge〜.cpp」の検索。「{}」は現在のファイル名に置き換わる。「¥;」はコマンドの終端。
 # find ./ -name "hoge*.cpp" -print
 # find /var -name hoge\*.cpp -exec ls -l {} \;
特定ディレクトリ配下の特定ファイルを全て削除する
 # find 特定ディレクトリ -name 特定ファイル -print -exec rm {} \;
特定条件のファイルのみコピーする
 # find 入力ディレクトリ -name 特定ファイル | cpio -dpv 出力ディレクトリ
特定条件のファイルのみ上書きコピーする
 # find 入力ディレクトリ -name 特定ファイル | cpio -dpuv 出力ディレクトリ

:[[topコマンド:http://www.linux.or.jp/JM/html/procps/man1/top.1.html]]|CPU使用率の高いプログラムの表示

:[[fileコマンド:http://www.linux.or.jp/JM/html/file/man1/file.1.html]]|テキストファイル、実行ファイル等の判定

:[[psコマンド:http://www.linux.or.jp/JM/html/procps/man1/ps.1.html]]|プロセスの列挙
|OS|コマンド(全て列挙)|コマンド(自分のみ)|h
|RedHat Linux|ps aux&br;ps -Af|ps -f -U ユーザ名|
|IRIX|ps -Af|ps -f -U ユーザ名|

:[[chmodコマンド:http://www.linux.or.jp/JM/html/GNU_fileutils/man1/chmod.1.html]]|グループに書き込み権限追加/削除
 # chmod g+w file
 # chmod g-w file
所有ユーザ/グループ/他人に読み書き権限設定
 # chmod ugo=rw file

:SFTPコマンド|参考:[[OpenSSH 日本語マニュアルページ:http://www.unixuser.org/~euske/doc/openssh/jman/]]
 # sftp 【ユーザ名】@【ホスト名orIPアドレス】:【ホストのファイルへのパス】

:[[tarコマンド:http://www.linux.or.jp/JM/html/GNU_tar/man1/tar.1.html]]|
tarアーカイブ作成
 # tar -cf XXX.tar XXX
.tgz(tar.gz)アーカイブ作成
 # tar -zcf XXX.tgz XXX
.tbz(tar.bz2)アーカイブ作成
 # tar -jcf XXX.tbz XXX
〜.tar を解凍
 # tar xf XXX.tar
〜.tar.gz を一発解凍
 # tar zxf XXX.tar.gz
〜.tar.bz2 を一発解凍
 # tar --bzip2 -xf XXX.tar.bz2
 # tar jxf XXX.tar.bz2
〜.tar.bz2 を一発解凍(bzcatと併用)
 # bzcat XXX.tar.bz2 | tar xf -
〜.tar.xz/〜.tar.lzma を一発解凍
 # tar Jxf XXX.tar.xz
〜.tar.xz/〜.tar.lzma を一発解凍(xzcat/lzcatと併用)
 # lzcat XXX.tar.xz | tar xf -
 # xzcat XXX.tar.xz | tar xf -
属性を保持してファイルコピー
 # tar cf - src_file | ( cd dst_dir; tar xvf - )

:[[7zaコマンド(p7zip 7-zip for Unix):http://sf.net/projects/p7zip]]|
〜.7z を解凍
 # 7za x XXX.7z
自己解凍書庫の作成
 # 7za -sfx a XXX.7z.bin XXX

:[[manコマンド:http://www.linux.or.jp/JM/html/man/man1/man.1.html]]|
普通に開く
 # man stat
stat(2)を開く
 # man 2 stat
statと名の付くmanを全て開く
 # man -a stat

:[[ipcsコマンド:http://www.linux.or.jp/JM/html/util-linux/man8/ipcs.8.html]]|IPCリソース情報の表示。

:RPMコマンド|
アップデート(入っていなければインストール)
 # rpm -Uvh hoge.rpm
アンインストール
 # rpm -e hoge.rpm
情報表示
 # rpm -q -p hoge.rpm
 # rpm -qi hoge
依存関係表示
 # rpm -q -R -p hoge.rpm
x86_64環境等でアーキテクチャも出力
 # rpm -q --queryformat "%{NAME}-%{VERSION}-%{RELEASE} for %{ARCH}\n" -p hoge.rpm
「--queryformat」で使えるタグ一覧
 # rpm --querytags
ファイル一覧表示
 # rpm -q --list -p hoge.rpm
特定ファイルが含まれるパッケージ名を取得
 # rpm -qf 特定ファイルへのパス
SHA256に対応しない環境(CentOS 5等)でSRPMのインストール時にMD5チェックサムエラーとなる。MD5のチェックを行わないようにして回避。
 # rpm -i --nomd5 hoge.src.rpm

:RPMBUILDコマンド|
ローカル環境の準備(~/rpmbuild)
 # echo %_topdir $HOME/rpmbuild > ~/.rpmmacros
 # mkdir -p ~/rpmbuild/{BUILD,RPMS,SOURCES,SPECS,SRPMS}
rpm/rpmbuildコマンドのプロキシ設定
 # echo %_httpproxy 192.168.0.1 >> ~/.rpmmacros
 # echo %_httpport 8080 >> ~/.rpmmacros
 # echo %_ftpproxy 192.168.0.1 >> ~/.rpmmacros
 # echo %_ftpport 8080 >> ~/.rpmmacros

:[[hostコマンド:http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070709/277059/]]|DNSサーバーで名前解決する情報について問い合わせをする。nslookupコマンドやdigコマンドと同様に,DNSに関する各種の調査やデバッグに使える。

:[[uptimeコマンド:http://www.linux.or.jp/JM/html/procps/man1/uptime.1.html]]|システムがどのくらいの期間稼働し続けているかを表示する

-Shell
:パスからの抽出|basename, dirname

:Shellで先頭・末尾に移動|
先頭
 [Ctrl] + [a]
末尾
 [Ctrl] + [e]

:カレントフォルダからの相対パスを絶対パスへ変換|Makefile向けに pushd/popd, pwd を使用してやってみる。
 pushd 相対パス > /dev/null && pwd && popd > /dev/null
テスト
 # cd /usr/lib
 # pushd ../local/./src > /dev/null && pwd && popd > /dev/null
(結果)
 /usr/local/src
Makefile(gmake)では下記のような記述を行う。
 SRC_DIR=$(shell pushd 相対パス > /dev/null && pwd && popd > /dev/null)

***Linux関連 [#Memorandum_UNIX_Linux]
#ls2(link集/OS系/Linux/Tips,title)

***[[SGI WS/IRIX>link集/OS系#SGI]]関連 [#Memorandum_UNIX_SGI]
:SGIのWSで 起動メニュー を出す方法|起動時に [ESC]キー を押下。キーボードレイアウト等の変更が可能。因みにSGIのWSのキーボード・マウスはPS/2接続。
:IRIX環境でranlib|Makefileで「RANLIB=/usr/bin/ranlib」となっている場合、IRIXでは「RANLIB=ar ts」とする。
:IRIXの各種コマンド|H/W情報
 # hinv
OS情報
 # uname -aR
Shutdown(30秒後にIRIXを終了し、WSの電源も落とす)
 # /etc/shutdown -i30 -g0 -p -y
:[[SGI Supportfolio > 質問: Linux版のIRIXツール"X"もありますか?:http://support.sgi.co.jp/linux/faqs/1002.html]]|IRIXとLinuxのコマンド比較表。
:時刻合わせ|root権限で実行
 # ntpdate NTPサーバ名
:kernelパラメータの出力|
 # /usr/sbin/sysconf

***[[Sun WS/Solaris>link集/OS系#Solaris]]関連 [#Memorandum_UNIX_Sun]
:SunのWSで okプロンプト を出す方法|WS起動直後の「Initializing Memory *」の表示がでているタイミングで、[Stop] + [a] を押下する。

***[[Cygwin>link集/OS系#Cygwin]]関連 [#Memorandum_UNIX_Cygwin]
:バージョン情報出力|一般的なUNIXと同じ。
 # uname -a
:設定情報出力|
 # cygcheck -srv
:[[Webmin>Setup/Webmin]]の起動|下記コマンドを実行。
 # /etc/webmin/start

**&color(orange){''Windowsネタ''}; [#Memorandum_Windows]

:ActivePerlでVC++のnmake.exeの利用|CPANからインストールした場合に、
 C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\VC98\bin\nmake.EXE  -- OK
 Running make test
 'C:\Program' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
 操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません
 C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\VC98\bin\nmake.EXE test -- NOT OK
とエラーになるので、「%Perlのインストールパス%¥lib¥CPAN¥Config.pm」を以下のように修正するとうまくいく模様・・・。
 (修正前)'make' => q[C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\VC98\bin\nmake.EXE],
 (修正後)'make' => q["C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\VC98\bin\nmake.EXE"],

:確定文字列の再変換操作|

::ATOK(ATOK15以降)|エディタ等の入力可能な箇所で再変換対象の文字列を反転し、[Shift]+[前候補/変換(次候補)] 押下。
::MS-IME2000|エディタ等の入力可能な箇所で再変換対象の文字列を反転し、[前候補/変換(次候補)] 押下。

:Outlook Expressのメールの保存場所|「*.dbx」で「Documents and Settings」配下を検索する。大抵以下のパスに存在する。
 %USERPROFILE%
   \Local Settings
     \Application Data
       \Identities
         \{99999999-9999-9999-9999-999999999999}
           \Microsoft
             \Outlook Express

:複数のウィンドウを1回の閉じる操作で終了する|Ctrlキーを押下したままタスクバーのウィンドウをマウスの左クリック選択していき、最後に右クリックで閉じるを選択。

:環境変数PATHの設定|システム環境変数とユーザ環境変数がありそれぞれに環境変数「PATH」が存在する。
&br;通常の問題ない状態であれば「echo %PATH%」とするとシステム環境変数のPATHの値に続いてユーザ環境変数のPATHの値が出力される。
&br;システム環境変数の又はユーザ環境変数のPATHの値しか出力されない場合は、以下のようなパスが登録されている事が問題であると思われる。
 C:\Program Files\HogeHoge1;C:\Program Files\HogeHoge2;・・・
要するに半角スペースを含むパスが環境変数PATHに登録されていると起こるらしい。
&br;ちなみにMS社もその問題に気付いているのか、MS社のツールではその対応を行っている模様。
 C:\Program Files\Support Tools\;C:\Program Files\Resource Kit\;・・・
パスの最後に「¥」を付加する事でこの問題が回避可能だという事らしい。ちなみにPlatformSDKの場合、
 C:\Program Files\SDK\bin\.;C:\Program Files\SDK\bin\WinNT\.;・・・
と「¥」+「.」の組み合わせで登録される。これは環境変数を「〜¥.」の形式で登録した場合に「¥」での区切りをつけて利用する場合を想定していると思われる。
 SET ENV_VALUE=C:\TEMP\.
 ECHO %ENV_VALUE%\chige\nabe.txt
 > C:\TEMP\.\chige\nabe.txt (= C:\TEMP\chige\nabe.txt)
因みにもう一つの回避策としてはMS-DOS8.3形式にする方法もある。Justsystem社はこの方法でPATHに追加している。
 C:\PROGRA~1\SUPPOR~1;C:\PROGRA~1\RESOUR~1;・・・

:FloppyDiskのフォーマット|「ファイル名を指定して実行」にて
 Format A: /U

:正規版Windowsの確認ツール(GenuineCheck.exe)|IE以外のブラウザを使用している場合にお世話になるツールですが、実行すると・・・
 このバージョンの Windows Genuine Advantage 確認ツールのサポートは終了しています。
 最新のバージョンをダウンロードし、システム時計が正しいことを確認してください
といつも言われちゃいます。どうもローカルProxyが有効になっていると上記エラーが出る模様。
&br;半年位悩みました・・・orz。ローカルProxyを切ってから実行すべし。

:[[Windowsコマンド集:subst:http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NT/WinKeyWord/20040805/1/subst.shtml]]|仮想ドライブの割り当て

**&color(orange){''プログラミングネタ''}; [#Memorandum_Programming]
:[[link集/開発言語系/C++#Dev_Tips]]|C/C++関連はこちらに移動。

***64bitプログラミング [#Memorandum_Programming_64bit]
64bitOS及び64bit変数。

:[[windowsserverx64.com > Compiling "Hello World" for Windows x64 Editions:http://www.windowsserverx64.com/csk/technical_articles/software/50.aspx]]|
:[[IBM developerWorks > Linuxアプリケーションの64ビット・システムへの移植:http://www.ibm.com/developerworks/jp/linux/library/l-port64/]]|
:[[64ビットCPU(AMD64+EM64T)でアセンブラ > プログラミング:http://www.marbacka.net/asm64/arkiv/innehall.html]]|VisualC++での64bitプログラミング情報。[[64ビットでの仮想アドレス空間:http://www.marbacka.net/asm64/arkiv/64bit_addressing.html]]は一読すべし。
:[[64-bit lessons:http://www.viva64.com/articles/x64-lessons/]]|Description of the course "Lessons on development of 64-bit C/C++ applications"

-SGI
:[[SGI Origin™ Server Systems Programming Overview > プログラム移植上の注意点:http://www.sgi.co.jp/origin/ODP/documents/programming/overview/programming/programming.html#porting]]|
//:[[:]]|

-SunMicrosystems
:[[Solaris 64 ビット 開発ガイド > 第 4 章 アプリケーションの変換:http://docs.sun.com/app/docs/doc/816-3971/6ma7e09ni?l=ja&a=view]]|
//:[[:]]|

-Microsoft
:[[Visual C++ の概念: 移植とアップグレード > プログラムの移植:http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc438594.aspx]]|
:[[Visual C++ による 64 ビット プログラミング:http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/h2k70f3s.aspx]]|
:[[Visual Basic での整数型に関する変更点:http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc436774.aspx]]|
:[[64-bit programming for Game Developers:http://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb147385.aspx]]|
:[[10 行でズバリ !! 64 ビット対応 .NET アプリケーションの開発 (C#):http://www.microsoft.com/japan/msdn/thisweek/300x10/phase3/64bit/cs.aspx]]|プラットフォームの持つポインタサイズと実行中の EXE ファイルの情報を取得し、リストボックス上に表示する Windows アプリケーションです。
//:[[:]]|

-AMD
:[[Building AMD64 Applications with the Microsoft® PlatformSDK:http://www.amd.com/us-en/assets/content_type/white_papers_and_tech_docs/30887.pdf]] (PDF)|
:[[Configuring Microsoft® VisualStudio Projects to Support the AMD64 Architecture:http://www.amd.com/us-en/assets/content_type/DownloadableAssets/dwamd_VSProj_AMD64.pdf]] (PDF)|
//:[[:]]|

***unix [#Memorandum_Programming_UNIX]
:[[link集/開発言語系/C++/API]]|POSIX系のAPIメモは別ページに移動

:IRIX上のコンパイラの初期値|/etc/compiler.defaults

:[[stripコマンド:http://www.linux.or.jp/JM/html/GNU_binutils/man1/strip.1.html]]|オブジェクトファイルからシンボルを切り捨てる

:dbx|Coreファイルのデバッグ
 # dbx アプリ名 Coreファイル
落ちた場所を表示
 (dbx) where
デバッグ終了
 (dbx) quit

:gdb|Coreファイルのデバッグ
 # gdb アプリ名 -core Coreファイル
落ちた場所を表示
 (gdb) where
デバッグ終了
 (gdb) quit

:makeのコマンドラインオプション|

::-d|デバッグモードで実行
::-e|Makeファイル内のマクロ定義を環境変数で置き換え
::-f|使用するMakeファイルを指定
::-i|エラーを無視して実行
::-n|コマンドを実行せず表示のみ行う
::-p|マクロ・サフィックス・エントリ情報を表示しながら実行
::-j JOB数|同時に実行出来るジョブ(コマンド)の数を指定する。マルチプロセッサ環境では効果絶大だが稀にビルドエラーを引き起こす。
::-w|他の処理を行う前後に、作業ディレクトリを表示する。

:アーカイブ(*.a)の作成|
アーカイブ(*.a)の作成
 # ar cr libXXX.a hogeA.o hogeB.o hogeC.o
アーカイブの索引情報の作成(リンクして利用するのに必要)
 # ranlib libXXX.a
アーカイブの索引情報の出力
 # nm -s libXXX.a > hoge.txt

:API名は分かるが、どのライブラリをリンクするか分からない|[[Program Library HOWTO > 雑録 > nm:http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/Program-Library-HOWTO/miscellaneous.html]]
~「fmod」が定義されているライブラリを検索
 # nm -o /usr/lib/* /usr/local/lib/* 2> /dev/null | grep -v ' U ' | grep ' fmod$' 

***Microsoft Windows [#Memorandum_Programming_Windows]
:[[Microsoft VisualC++]]|コアなVisualC++関連情報は別ページを参照方。

:JIT(Just-In-Time)デバッガの設定|下記のレジストリエントリで設定。
 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\AeDebug
x64版OSの場合は下記も関係する
 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\AeDebug
この辺は、WindowsのHelpで [[ワトソン博士の「ワトソン博士を設定する」の説明:http://www.microsoft.com/windows2000/ja/professional/help/default.asp?url=/windows2000/ja/professional/help/drwatson_overview.htm]] が詳しい。
|CENTER:開発環境|CENTER:「Debugger」の設定値((当然の事ながら一般的な環境下での設定値なので、%SystemDrive%, %SystemRoot%, %VCINSTALLDIR% 及びアプリのインストール先によって変動する))|h
|ワトソン博士|drwtsn32 -p %ld -e %ld -g|
|Microsoft VisualC++ 6.0|C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\Common\Msdev98\BIN\MSDEV.EXE -p %ld -e %ld|
|COMPAQ VisualFortran 6.1|C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\Common\Msdev98\BIN\DFDEV.EXE -p %ld -e %ld|
|Borland Delphi 6|C:\Program Files\Borland\Delphi6\Bin\bordbg60.exe -aeargs %ld %ld|
|Microsoft VisualStudio .NET 2002/2003 ((「PreVisualStudio7Debugger」も追加される。内容は「drwtsn32 -p %ld -e %ld -g」))|"C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\VS7Debug\vs7jit.exe" -p %ld -e %ld|
|Microsoft VisualStudio 2005|"C:\WINDOWS\system32\VSJitDebugger.exe" -p %ld -e %ld|

:Microsoft VisualC++ 6.0/COMPAQ VisualFortran 6.1をJITデバッガに設定((この処理を実行するとレジストリにゴミのキーが作成される。&br;&ref(VC_JIT_Gomi.png,nolink);))|メニューの [ツール(T)] - [オプション(O)...] を開き、「デバッグ」タブに切り替える。
&br;&ref(VC_JIT.png,nolink);
&br;「ジャスト イン タイム デバッグ(J)」にチェックを付けて「OK」ボタンを押下すると、レジストリエントリが更新((VisualStudio .NET 2002/2003がインストールされている環境の場合、「PreVisualStudio7Debugger」の値も「Debugger」と同じ値に更新される))され、デバッガの登録が行われる。

:Microsoft VisualStudio .NET 2002/2003をJITデバッガに設定((VisualC++ 6.0の時と同様にレジストリにゴミのキーが作成される))|メニューの [ツール(T)] - [オプション(O)...] を開き、「デバッグ」-「Just-In-Time」メニューに切り替える。
&br;&ref(VC_JIT2.png,nolink);
&br;「Native」にチェックを付けて「OK」ボタンを押下すると、レジストリエントリが更新され、デバッガの登録が行われる。

**&color(orange){''雑多ネタ''}; [#Memorandum_ETC]

:各種コピー&貼り付け操作|表にしてみた。
|CENTER:名称|CENTER:コピー|CENTER:貼り付け|h
|Windows|[Ctrl]+[c]&br;[Ctrl]+[Insert]|[Ctrl]+[v]&br;[Shift]+[Insert]|
|Windowsのコマンドプロンプト|マウスの左ボタンで範囲選択後、マウスの右ボタンをクリック|マウスの右ボタンをクリック|
|Poderosa/VaraTerm/Guevara|[Alt]+[c]|[Alt]+[v]|
|TeraTermPro|マウスの左ボタンで範囲選択後、&br;マウスの左ボタンをクリック or [Alt]+[c]|マウスの右ボタンをクリック&br;[Alt]+[v]|
|IRIXのシェル|マウスの左ボタンで範囲選択し、マウスの左ボタンを離す|マウスの真ん中ボタンをクリック|
|Linuxのgpm(コンソール画面)|マウスの左ボタンで範囲選択し、マウスの左ボタンを離す|マウスの真ん中ボタンをクリック|
|vi(行コピー)|[y][y]|[p]|
|ck|マウスの左ボタンで範囲選択し、マウスの左ボタンを離す|マウスの真ん中ボタンをクリック|

:PukiWikiアイコン|こんな機能が有るなんて今まで知らなんだがや・・・
&br;&heart;  ⌣  &bigsmile;  &oh;  &sad;
 &heart;  ⌣  &bigsmile;  &oh;  &sad;
~ :D  :p  :d  XD  X(  ;)  ;(  :(
 :D  :p  :d  XD  X(  ;)  ;(  :(

:[[rain > Web制作ノート > 文字参照:http://homepage3.nifty.com/rains/makeweb/html4/chr_ref.htm]]|[[特殊文字辞典:http://www.tkmj.net]]
~®  ©  ™  ¥  €
 ®  ©  ™  ¥  €
¼  ½  ¾  ¹  ²  ³
  ¼  ½  ¾  ¹  ²  ³
↑  ↓  ←  →  −  &  <  >  "
 ↑  ↓  ←  →  −  &  <  >  "
☑  ☠  ↲
 ☑  ☠  ↲

:本サイトで利用しているPukiWiki Plug-in|
[[counterview.inc.php:http://pukiwiki.sourceforge.jp/?%E8%87%AA%E4%BD%9C%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3%2Fcounterview.inc.php]]
&br;[[search.inc.php:http://teanan.homeip.net/pukiwiki/]]
&br;[[qrcode.inc.php:http://cafelounge.net/dev/?Plugin/qrcode]]
&br;%%[[amazon.inc.php:http://www.nishihiroshima.com/exp/?amazon%2F%A5%D7%A5%E9%A5%B0%A5%A4%A5%F3]]%%(2007/03/04)
&br;%%[[sitemap.inc.php:http://terai.xrea.jp/PukiWiki/Google.html]]%%(2007/02/25公開中止)


*サンプルの鬼 [#DaemonForSampleSource]
おみゃーさんはよ鬼だがや。サンプルの鬼なるんだがね!

-C++
:&ref(STLeraseSample.tar.bz2); [Ver1.0]|[VC++]STLのvector::erase()の利用方法のサンプル。
:&ref(FloorTest.tar.bz2); [Ver1.0]|[VC++]四捨五入。
:&ref(CheckMemoryLeak.7z); [Ver1.1]|[VC++]malloc/newのメモリリーク。
:&ref(struct_find_if.tar.bz2); [Ver1.1]|[VC++/g++/MIPSpro]構造体のvector/list配列において std::find_if での検索を std::bind2nd で実現する。
&br;また同様にクラスのメンバ変数順でソートする。MIPSpro C++/g++用のMakefile付き。

-VB
:&ref(VBcallDLLfunc.tar.bz2); [Ver1.0]|VB/VBAから自作DLLの関数呼び出しサンプル。自作DLLを環境変数「PATH」に登録された場所に入れなくても動作する。

-VBScript
:&ref(ApplyPatch.tar.bz2); [Ver1.2]|ナローバンドな環境人向けのWindowsUpdate関連パッチ当てお便利ツール。
&br;主な処理内容は以下の通り。
&br;・プログラム引数の取得
&br;・レジストリの読み込み
&br;・プログラムの実行
:&ref(link集/OS系/Microsoft Windows/DW4SupTools.tar.bz2); [Ver1.2]|SupportToolsに付属するDependencyWalkerはシェルへの登録をしてくれないので、直接レジストリファイルからシェルにDependencyWalkerを登録する。
&br;主な処理内容は以下の通り。
&br;・Scripting.FileSystemObject.ShortPath を利用して8.3形式のパスを取得。

-MS-DOS BatchFile
:&ref(カブロボ/RunTest.zip); [Ver1.0]|現在日時(時間は時分のみ秒はなし)を取得して、その日時のファイルを作成。

-Shell(Bash)
:&ref(Setup/djbdns/dnscache_log_convert.sh.tar.bz2); [Ver1.0]|現在時刻を取得して、その日付のファイル作成。

-PHP
:本サイトのPukiWiki変更箇所|&ref(JunkBox/NB_pukiwiki-1.4.5_1.tar.bz2); [Ver1.1]
&br;&ref(JunkBox/NB_amazon23.tar.bz2);([[Pukiwiki付属じゃない方:http://pukiwiki.sourceforge.jp/?%E8%87%AA%E4%BD%9C%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3%2Famazon.inc.php]]。一応[[AWS4.0:http://developer.amazonwebservices.com/connect/forum.jspa?forumID=19]]対応) [Ver1.2]
&br;&ref(JunkBox/NB_counterview.inc.php.tar.bz2); [Ver1.1]

ページ先頭へ   最終更新のRDF 最終更新のRSS
Valid XHTML 1.1 Valid CSS! [Valid RSS]