#navi(Setup/PC-XServer)
#contents
----
-&topicpath;
~CentOS 6.0 の場合(SELinux無し)

*Firewallの設定 [#FW]
+設定の変更
 # vi /etc/sysconfig/iptables
(追加)
~&color(RED){※REJECT定義している行よりも上に記述する};
 -A INPUT -m state --state NEW -m udp -p udp --dport 177 -j ACCEPT
 -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 6000 -j ACCEPT

+iptablesデーモンに変更を反映
 # /etc/init.d/iptables restart

*DisplayManagerの設定 
+DisplayManagerの設定変更
--設定ファイルを直接変更
~gdm.confの編集
 # vi /etc/gdm/custom.conf
[xdmcp]セクションの変更
~(修正前)
 Enable=false
(修正後)
 Enable=true
[servers]セクションの変更
~(追加)
 1=Terminal
#br
+設定の反映
~TeraTermPro等のターミナルから下記コマンドを実行する。それかOSを再起動する。
&br;但しこの方法では「init 3」で固まりうまく行かない場合もある
 # init 3; sleep 20; init 5
#br
+listen状態のチェック
 # netstat -an | grep -e 177
こんな感じ
 udp     0    0 0.0.0.0:177        0.0.0.0:*

*FontServerの設定 
:RHEL6にはFontServer機能は存在しない|よって接続時に接続先のFontServerを利用する事は出来ない。が [[ATrpms:http://atrpms.net]] において提供されている [[xorg-x11-xfs:http://packages.atrpms.net/dist/el6/xorg-x11-xfs/]] パッケージを利用する事で簡単にFontServerを導入可能。
+ATrpmsの設定
 # rpm -Uvh http://dl.atrpms.net/el6-x86_64/atrpms/stable/atrpms-repo-6-7.el6.x86_64.rpm
 # cd /etc/yum.repos.d
 # cat atrpms.repo
+XFontServerのインストール
+FontServerのインストール
 # yum --enablerepo=atrpms install xorg-x11-xfs-utils xorg-x11-xfs
+xfsの設定
 # vi /etc/X11/fs/config
(修正前)
 no-listen = tcp
(修正後)
 #no-listen = tcp
+フォント設定
~[[フォントの登録>link集/OS系/Linux/Tips#Common_Font]]
+FontServerの再起動
 # /sbin/service xfs stop
 # /sbin/service xfs start
+listen状態のチェック
 # netstat -an | egrep 7100
こんな感じ
 tcp     0   0 0.0.0.0:7100         0.0.0.0:*           LISTEN

*その他の設定 
:[[Linux全般の場合と同じ>Setup/PC-XServer#Host_LinuxCommon_Other]]|


#navi(Setup/PC-XServer)

ページ先頭へ   最終更新のRDF 最終更新のRSS
Valid XHTML 1.1 Valid CSS! [Valid RSS]