Coin3D dime/profit のビルドメモ。

パッケージの入手

Stable版のReleaseはまだ無いのでFTPよりSnapshot版を入手
http://ftp.coin3d.org/coin/src/snapshots/

dime/profitバイナリ作成(dimeで解説)

VisualC++向け

  1. Cygwinの導入

    Setup/Cygwin - 別ページを参照方。
    → インストール時には、「Devel」配下の「gcc」「make」は最低限インストールする。

  2. CygwinからVC++のコンパイラ(cl.exe)/リンカ(link.exe)を参照する為の設定
    1. 以下の各種VC++向けのファイルをDownloadする。

      filecoin3d_msvc.tgz

    2. ファイルを解凍する。
      $ tar zxf coin3d_msvc.tgz
    3. 自分の環境に合わせて解凍したファイルを編集する。

      → 上記ファイルは「C:\Program Files」配下にVC++をインストールしている場合の設定になっている。

    4. 環境変数の反映

      VisualC++ 6.0の場合

      # source ./coin3d_msvc60.txt
      VisualC++ .NET 2002の場合
      # source ./coin3d_msvc70.txt
      VisualC++ .NET 2003の場合
      # source ./coin3d_msvc71.txt
      VisualC++ 2005の場合
      # source ./coin3d_msvc80.txt
    5. 設定内容の確認

      → 下記のコマンドを実行し、「Microsoft (R)〜」と表示されればOK。「GNU〜」となった場合はNG。

      # cl.exe
      Microsoft (R) 32-bit C/C++ Optimizing Compiler 〜
      # link.exe
      Microsoft (R) Incremental Linker Version 〜
  3. dimeのコンパイル
    1. フォルダ作成
      # cd /usr/local
      # mkdir src
      # cd src
    2. ソースパッケージのDownload
      # wget http://ftp.coin3d.org/coin/src/snapshots/dime-latest.tar.gz
    3. ソースパッケージを解凍
      # tar zxf dime-latest.tar.gz
      # cd dime
    4. dimeのコンフィグレーション
      # ./configure --with-msvcrt=???
      「???」の指定リンカオプション-リンクするライブラリ
      singlethread-static*1/mlmllibc
      singlethread-static-debug*2/mldmldlibcd
      multithread-static/mtmtlibcmt
      multithread-static-debug/mtdmtdlibcmtd
      multithread-dynamic/mdmdmsvcrt
      multithread-dynamic-debug/mddmddmsvcrtd
    5. dimeのコンパイル
      # make
      # make install
  4. 作成されたファイルの確認

    下記のフォルダにコンパイルしたバイナリ及びヘッダファイルがコピーされる。

    /usr/local/bin
    /usr/local/include/dime
    /usr/local/lib

    後は上記フォルダのファイルを適当な場所に移動し、VC++から参照する事で利用可能。
    → dime/profit のバイナリ生成には、VC++のコンパイラ/リンカを利用するので、「cygwin1.dll」には依存しない。

Cygwin向け

  1. 作業場所に移動
    # cd /usr/local/src
  2. ソースパッケージのDownload
    # wget http://ftp.coin3d.org/coin/src/snapshots/dime-latest.tar.gz
  3. アーカイブの解凍
    # tar zxf dime-latest.tar.gz
    # cd dime
  4. dimeのコンフィグレーション
    # ./configure --disable-msvc
  5. dimeのコンパイル
    # make
    # make install
  6. 下記のフォルダにコンパイルしたバイナリ(libdime.a)及びヘッダファイルがコピーされる。
    /usr/local/bin
    /usr/local/include/dime
    /usr/local/lib

Linux向け

  1. 作業場所に移動
    # cp /usr/local/src
  2. ソースパッケージのDownload
    # wget http://ftp.coin3d.org/coin/src/snapshots/dime-latest.tar.gz
  3. アーカイブの解凍
    # tar zxf dime-latest.tar.gz
    # cd dime
  4. dimeのコンパイル
    # ./configure
    # make
    # make install


*1 VisualC++ 2005ではライブラリがないので指定不可
*2 VisualC++ 2005ではライブラリがないので指定不可

ページ先頭へ   最終更新のRDF 最終更新のRSS
Last-modified: 2007-07-03 (火) 23:41:34 (3793d)
Valid XHTML 1.1 Valid CSS! [Valid RSS]