wxPropertyGrid のビルドメモ

Linux(GTK+)向けバイナリ作成

※wxWidgetsも一緒にビルドする必要があるらしい

  • 作業概略
    項目設定/情報
    OSCentOS 4.2
    echo $LANGja_JP.UTF-8
    wxWidgetsGTKベースのwxGTKを使用
    wxGTKのバージョン2.6.2
    wxPropertyGridのバージョン1.0.6.1
    インストール先/usr/local
  1. 作業フォルダに移動
    # cd /usr/local/src
  2. パッケージのDownload

    wxWidgetsのプロジェクトページより取得

    # wget http://XXXXXX/wxGTK-2.6.2.tar.bz2
    wxPropertyGridのプロジェクトページより取得
    参考:Document/SourceForge.net
    # wget http://YYYYYY/wxpropgrid-1.0.6.1-src.tar.gz
  3. パッケージの解凍
    # tar --bzip2 -xf wxGTK-2.6.2.tar.bz2
    # tar zxf wxpropgrid-1.0.6.1-src.tar.gz
  4. wxPropertyGridのソースコードインストーラの実行
    # sh ./install-propgrid.sh /usr/local/src/wxGTK-2.6.2
  5. wxPropertyGridの不要ファイル削除
    # rm -fR install-propgrid.sh
    # rm -fR contrib
  6. 解凍したフォルダに移動
    # cd wxGTK-2.6.2
  7. configureスクリプトのオプション確認

    filewxWidgetsScripts.tar.bz2 を使うと以降の手間が省けるかも知れない。

    # ./configure --help
  8. configureスクリプトの実行(Unicode無し)

    (有効:GTK2, STL, OpenGL, SDL, etc.../無効:Unicode)

    # ./configure \
      --with-gtk \
      --with-opengl \
      --with-sdl \
      --enable-controls \
      --enable-monolithic \
      --enable-tabdialog \
      --enable-stl \
      --enable-std_iostreams \
      --enable-std_string \
      --disable-unicode
  9. wxWidgetsのビルド&インストール
    # make
    # make install
  10. wxPropertyGridのビルド&インストール
    # make -C ./contrib/src/propgrid
    # make -C ./contrib/src/propgrid install
  11. 不要ファイルの削除
    # make -C ./contrib/src/propgrid clean
    # make distclean
  12. configureスクリプトの実行(Unicode有り)

    (有効:GTK2, STL, OpenGL, SDL, Unicode, etc...)

    # ./configure \
      --with-gtk \
      --with-opengl \
      --with-sdl \
      --enable-controls \
      --enable-monolithic \
      --enable-tabdialog \
      --enable-stl \
      --enable-std_iostreams \
      --enable-std_string \
      --enable-unicode
  13. wxWidgetsのビルド&インストール
    # make
    # make install
  14. wxPropertyGridのビルド&インストール
    # make -C ./contrib/src/propgrid
    # make -C ./contrib/src/propgrid install
  15. 不要ファイルの削除
    # make -C ./contrib/src/propgrid clean
    # make distclean
  16. 「ld.so.conf」に「/usr/local/lib」へのパスの追加
    # cd /etc/ld.so.conf.d
    # echo /usr/local/lib > usr.local.lib.conf
  17. 「ldconfig」コマンドの実行
    # /sbin/ldconfig
  18. 「aclocal」コマンド向けの設定
    # ln -s /usr/local/share/aclocal/wxwin.m4 /usr/share/aclocal
  19. 利用方法

    Makefileの記述に「wx-config」コマンドの呼び出しを追記する。「`」は [Shift]+[@] で入力する。
    本手順を応用すれば、debug/static-linkの有り無しも同居出来そう。

    通常(Unicode=Yes)

    CFLAGS  = `wx-config --cxxflags` ・・・
    LDFLAGS = `wx-config --libs` \
              -l`wx-config --basename`_propgrid-`wx-config --release` ・・・
    Unicode版の利用を明記
    CFLAGS  = `wx-config --unicode=yes --cxxflags` ・・・
    LDFLAGS = `wx-config --unicode=yes --libs`  \
              -l`wx-config --unicode=yes --basename`_propgrid-`wx-config --release` ・・・
    非Unicode版の利用を明記
    CFLAGS  = `wx-config --unicode=no --cxxflags` ・・・
    LDFLAGS = `wx-config --unicode=no --libs`  \
              -l`wx-config --unicode=no --basename`_propgrid-`wx-config --release` ・・・
    但し、Unicode/非Unicodeでコンパイル時のオプションを変えているような場合は、下記のように「wx-config」自体を切り替える

    Unicode版に切替

    # ln -fs /usr/local/lib/wx/config/gtk2-unicode-release-2.6 \
      /usr/local/bin/wx-config
    非Unicode版に切替
    # ln -fs /usr/local/lib/wx/config/gtk2-ansi-release-2.6 \
      /usr/local/bin/wx-config


ページ先頭へ   最終更新のRDF 最終更新のRSS
Last-modified: 2006-03-07 (火) 17:05:28 (5004d)
Valid XHTML 1.1 Valid CSS! [Valid RSS]