DisplayManagerの設定

  1. DisplayManagerの設定変更(設定ファイルを直接変更)

    custom.confの編集

    # vi /etc/gdm/custom.conf
    (修正前)
    [securiry]
    
    [xdmcp]
    
    (修正後)
    [securiry]
    AllowRoot=true
    AllowRemoteRoot=true
    
    [xdmcp]
    Enable=true
    Port=177
  2. 設定の反映

    gdmに設定内容の変更通知を行う。

    # gdmflexiserver --command="UPDATE_CONFIG security/AllowRoot"
    # gdmflexiserver --command="UPDATE_CONFIG security/AllowRemoteRoot"
    # gdmflexiserver --command="UPDATE_CONFIG xdmcp/Enable"
    # gdmflexiserver --command="UPDATE_CONFIG xdmcp/Port"

    但しこれではXMDCPのlistenはなされないので、別PC上のTeraTermPro等のターミナルから下記コマンドを実行する。
    但しこの方法では「init 3」で固まりうまく行かない場合もある。そう言う場合はOSの再起動。

    # init 3; sleep 20; init 5
     
  3. listen状態のチェック
    # netstat -an | grep -e 177

FontServerの設定

RedHat EnterpriseLinux 4の場合と同じ。


ページ先頭へ   最終更新のRDF 最終更新のRSS
Last-modified: 2007-07-22 (日) 22:06:24 (4258d)
Valid XHTML 1.1 Valid CSS! [Valid RSS]